責任感の強い妻が気負い、こだわり続けることを、夫は喜びますか?

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

結婚して、妻として母として、家族のために・・

家庭の切り盛りは、自由な時間は制約されます。
まるで家族のために生きているかのような繰り返しの毎日です。
自身が楽しむという感覚も鈍く、
自身の為とか充実しているとかの、人生振り返りもなく、
夢中のなかで漠然と・・という感じかもしれません。

家庭での責任は、きっと必ず果たします。
夫婦こうなりたいもの、妻としてきちんとします。
子供を立派にこう育てたいもの、母としてきちんとします。
家族の成り立ち、進化が自分の喜び励み、
自身のことは二の次・・ということが常かもしれません。

  • 夫婦問題は夫婦それぞれながら、
    主婦の鏡のような方からのご相談には切ない思いがします。
    心に思っていることが伝わらない。
    真意ではないのに誤解されてしまう。
    「きちんとしなくきゃ」の皆さんにお伝えしたい思いです。
  • 冷蔵庫に貼り付けたカレンダーには夫のスケジュールの記入欄があります。
    出張、週末の予定。
    夕飯の要る要らないの○×。
    予定は前もって連絡するのは普通でしょう。
    予定が分からないと算段できない、無駄は嫌です。
    ご主人自らが書き込む習慣もあるのです。
    勿論ですが・・
    子供の予定表と並べてあるカレンダー、
    子供と同様、管理されている・・と切ないの声なのです。
  • 遣り繰り上手、食費の節約上手は、
    1週間分のまとめ買い、1週間分の献立をしています。
    冷蔵庫には献立表を貼っておきます。
    知らず知らずそれを見てご主人は昼食にはかぶらないものを・・なのです。
    勿論ですが・・
    食べたいときの食べたいものを・・言えません。
    嬉しいと喜べないメニュー・・食べます。
    何か虚しい声なのです。
  • マイホームの頭金、預金の為の節約は、
    細かいこと、小さいことの積み重ねのたまものです。
    家計簿を見返すこと、出費の把握、きちんとしています。
    光熱費、食費、節約を意識した生活、きちんとしています。
    任せていて安心だ、
    やりくりしてくれて有り難い、
    だけど、お金を使うことに罪悪感をもってしまうほど、
    窮屈な思いなのです。
  • 子供のおけいこの練習、塾の宿題、はかどっていません。
    時間を決めてやる習慣、守れません。
    やらせようとするお母さんと反発する子供、毎度の繰り返しなのです。
    ムキになってやらせるなよ・・
    嬉しそうな子供でいてほしい・・
    とてもやるせない思いなのです。

家族の為を思った、間違いのないことです。
無意識に習慣的に、やっていることです。
しかし、
ご主人が喜ぶことに伝わらない、残念なことばかりなのです。

「きちんとしなくきゃ」と自分に言いつつ、
気負い、こだわりが大きければ、
知らない間に追い込んでしまうものです。
今一度生活を見直す機会なのかもしれません。
だって、
完璧を喜び、失敗を怒るご主人ではないですもの。
夫婦問題の解決の糸口探していきましょう。
深刻にする前に。
是非ご相談下さい。

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


18 件のコメント

  • おはようございます
    昨日は有難うございました

    その後、入浴を済ませ、リビングで30分程過ごし、先に自室に行きました。
    主人は何時もの通り寝室へ来ました。別室に行くのは「彼方でしょう」と思いました
    先週の夕飯とは違い、今週は家にある食材です。
    今日はいつもより早く起床。寝床より主人の行動を観察してました。
    冷蔵庫の中のビール・自分用に準備してあった畜冷剤が空っぽ。早朝より友人とゴルフに行きました
    帰宅後、主人の威圧的で一方的な話し合い…です

    • 1600&3105さま
      コメントありがとうございます。
      辛い心中、分かります。
      でも大丈夫です。
      貴方の選択肢は沢山ありますものね。
      威圧的にしか貴方に話せないご主人なのです。
      冷静に落ち着いていきましょう。
      かといって話合いをはぐらかせない今、
      気分転換して整える貴方なのでしょう。
      応援しています!

  • 私のことですね・・家庭のため子供のためと勝手な思い込みで、妻の座に胡坐をかいて家族の笑顔を日に日に奪っていました。髪の毛一本、落ちているのが許せなかった私、自己満足でした。今日、主人と主人の親に謝罪のお手紙を短く書き送付しました。先生と話した夜から眠れるようになりました。ありがとうございました。また、相談させて下さい。

    • 香さま
      コメントありがとうございます。
      しっかりお子さん育てていきましょう。
      貴方にしかできないことです。
      家族に対する思いが沢山あること、とても伝わってきました。
      これからは伝え方の工夫していきましょうね。
      健康な身体と心を取り戻せば大丈夫、頑張れるもの。
      応援しています。

  • 先日は遅くなりすみませんでした。
    自宅に帰ってきました。
    主人に、どうしたいのか分からない。
    お前のことは好きだから、別れたくないけど
    前の関係には戻りたくない。
    向こうの女も好きだから、別れたくない。
    新しいゲームで、遊びたいみたいなそんな感じ

    • TMさま
      コメントありがとうございます。
      TMさんが目指す夫婦になるために家に戻られたのですから、
      ご主人が開き直るようにさせること、
      してはいけません。
      夫婦問題解決を目指して下さいね。
      相手の女性とのことを想像して不安になるより、
      家にいるご主人との時間大事になさってください。
      貴方が自然でいることこそ、ご主人が戻りやすい環境なのですもの。
      乗り越えましょう。応援しています。

  • それが、耐えれないなら別れてもいい。
    と言われました。
    ただ、向こうと結婚するつもりはない。
    と言っていました。

    7月頭からまっすぐ帰ってきたのは1回だけで、
    休日も出かけてしまいます。
    が、家にいるときは、笑顔もあり
    夫婦生活もあります。

    主人が何を考えているのか分からなくて、苦しいです。

    相手には、彼氏がいるから
    自分に振り向いてくれないから、主人は振り向かせようとがんばってるように思います。
    もし、相手が主人一筋になったら、簡単にふられちゃうのか不安でいっぱいです。

  • 朝からすみません。主人が朝からボストンバッグを用意していました。明日東京で研修なので今夜から行って、その後高校時代の友人と会って釣りしてくるから帰宅は日曜になるといわれました。研修後実家に寄るのか聞いたら「行くわけないじゃん、友達の家に泊めてもらうから」と。私は不安で一杯でしたが明るく「忘れ物はない?」と聞きながら用意を手伝いました。朝食を家族で食べ、出勤の時はごみ出しもあったので一緒に出ました。二つあった分別ごみのひとつを主人は持ってくれました。うれしかった・・・
    頑張って明るく「日曜日には帰ってくるんだよね?気をつけていってらっしゃい」と自転車で出勤する主人を見送りましたが心は不安で一杯です。
    悪いことは考えたくないけれど・・・
    毎晩(朝方)帰ってきたのを確認してやっと眠れる日が続いています。寝不足もあって疲れたのか嫌なことばかり考えます。

    • Mさま
      コメントありがとうございます。
      研修で留守・・不安でいっぱいなのですね。
      よく分かります。でも、
      「悪いこと考えてもいいことない」
      ならば、ご主人がいない留守、気分転換です!
      日曜日帰ってくる御主人を元気に迎えられる貴方でいることが、
      お二人にとってプラスですものね。
      そうできるよう整えていきましょうよ。
      リラックスよし、食べるもよし、出掛けるもよしじゃない。
      自分を大事にする時間です。
      応援しています。

  • ほんとですね。。何時の間にか、家族が自分のテリトリーで動くことを管理していましたね。
    それが私の幸せであり、家族の幸せであると勘違い。思いどおりにいかなかったら、自分をせめずに家族をせめる。
    みんな、苦しいですよね。。
    そういう苦しさから夫も逃げ出したかったのだと時間と共に理解ができるようになってきましたが、やはり嘘をつかれることは許せない気持ちがあります。何も知らなければそれで幸せなのでしょうが、まだまだ知りたがりの私です…。
    駄目ですね~…。「2年後に離婚したい」という夫の言葉がちらついてしまって。。

    • KTさま
      コメントありがとうございます。
      無意識にもよかれと思うことがそうでないこと、あるものですね。
      広くて大きな心でいられたら、こだわることも違うのでしょうね。
      私達、やっぱりいつまでも成長していくものなのでしょう。
      気付いたところから始めればいいと思います。
      御主人の言葉で自分を縛り付けないで下さいね。
      緩やかに柔らかくいましょうよ。
      応援しています。

  • 二週間前に会ってから、全く連絡がきません。私なりに笑顔で楽しくできたのですが。平日も週末も全くなにしているかわかりません。聞いたらそっけなく返されるだけか無視だと思うし、夏休みも何も予定立てれなく悲しいです。
    私から連絡しないほうが精神的にも良いかと思っていましたが、どうなのでしょうか?今が底辺だと思って子供たちと楽しく過ごしていればいいのでしょうか?それともメール送ったほうがいいのでしょうか?私が何をしてもしなくても同じかもしれませんが。気持ちって。夫婦って。難しいです。待つしかないのですよね。

    • tさま
      コメントありがとうございます。
      御主人のしていること、考えていること、
      何でも知っていたいのですね。
      不安だから、心配だから・・
      何もしてくれないことが悲しいから・・
      メール送るのがいけないことはありませんが、
      tさんのそんな気持ちが伝わると御主人「期待されたくない」と離れてしまいそうですよ。
      自分で楽しくできる工夫は沢山あるじゃない、待っているだけではもったいないほどの
      貴方ですよ。
      応援しています。

  • 先生こんばんは。
    病院と家の事との忙しい毎日を送っています。
    自分のできる事をなるべく自然にさくさくとこなす様にしています。
    一緒に家にいた時よりも、病室での短い滞在時間の方が話を自然に出来ている日もあれば、相変わらずそっけない日もあったり…。
    今日はとても冷たく感じ、私の気持ちも折れそうで思わず先生にコメントしてしまいました。
    だめですね、夫の反応をいちいち気にしない様に頑張ります。
    ただ、夫の子供達に対する態度は家にいた時よりとても優しく柔らかくなった様な気がします。
    それがとても嬉しいです。

    実は私、仕事をはじめたんです。
    ますます忙しい毎日ですが、頑張りますね。

    • haksさま
      コメントありがとうございます。
      忙しい毎日ですね。暑い中大変です。
      体調気をつけて下さいね。
      病室で過ごす御主人の気持ちに波があるのは、当然です。
      貴方が原因なだけじゃないです。
      仕事への焦りも入院生活のストレスもあるじゃない。
      その度気にすることないです。
      仕事を始めた貴方です、更に忙しいでしょう、
      落ち込む暇もないくらい・・案外それがいいのではないでしょうか。
      応援しています。

  • 主人が今日帰ってきます。昨晩帰宅は何時頃になるかメールしてみましたが返信なしです。
    不安で眠れませんでした。

  • 齊藤先生こんにちは。
    毎日暑いですね。
    3連休の初日、息子が入選した絵の展示会に家族全員で出掛ける事が出来ました^^
    昨日は、近所の主婦仲間と飲みに行かせて貰い、主人が子供と遊んでくれていました。
    主人は相変わらずわたしとは一緒に過ごそうとしませんし、寝室では背中を向けて寝ていますが(汗)、良かったことに幸せを感じてニコニコして居たいと思います。
    めったに人に本音を出さない主人が心を許せる奥さんになりたいです。
    またお電話させて頂きますね。
    アドバイス下さい。

    • OHさま
      コメントありがとうございます。
      3連休を穏やかに過ごしている、嬉しさが伝わってきますよ。
      良かったことを幸せに感じる、素晴らしいことです。
      私達はつい、してくれない、わかってくれない、と不満を感じがちです。
      ニコニコできないじゃなくて、ニコニコしていよう!
      自分の意識大切ですね。
      猛暑をはねのける元気もらいました。
      頑張っていきましょうね。応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。