夫婦問題の極意。話す言葉を意識すれば、生活の流れは変わります。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

話す言葉は大切なものです。
楽しい話、嬉しい話、悲しい話、怒りの話。
伝えられたら嬉しかったり、安心したり、癒されたりのものです。
相手に気持ちを伝える手段であるだけではなく、
相手を喜ばすことも、怒らせることもあるのですから、注意も必要のものです。

しまった・・と誤解に慌てたり、
そんなつもりなかった・・と悔やんだり、
相手が怒っていることが分かれば、
すぐ謝ることも、言い直すこともできるのですが、

夫婦は、二人があまりに近く遠慮ない存在のせいか、
話す言葉は自分の気持ちを伝えるだけのものになりがちです。
相手が理不尽に思おうが、不満に思おうが、関係ない。
相手を怒らせて不平不満を言われても、関係ない。
きっかけ次第で、
ささいなことのケンカになったり、
人格を否定しあうほどの大ケンカになったり、
会話なし無視状態のつづく冷戦になったり、
言葉には尚更の注意が必要ですね。

ご相談のなかで感じた
無意識に話す妻の言葉について、記事にさせていただきます。
振り返るきっかけとなれば幸いです。

  • どうして遅くなるなら連絡してくれなかったの?」
    「なんで夕飯いらないこと言ってくれないの?」
    帰宅したご主人に言うのです。
    「どうして洗濯物取り込んでくれてないの?」
    「なんでゴミ出してくれないの?」
    「子供が泣いているじゃない、みてくれないの?」
    休日くつろいでいるご主人に言うのです。
  • してくれない理由を聞いているかの問いかけの話言葉のようですが、
    理由なんてどうでもいい、
    してくれて当たり前、
    実はそんな思いを感じます。

    言っている側も「してよ!」の命令ではないから・・と
    無意識に頻繁に言っている妻も多くいます。
    言われた側は差し障りない返答をします。
    「しようと思ったよ」
    「今度からそうするよ」
    「明日ゴミ出すよ」
    「わかったよ」
    実は気分いいものではないのです。
  • ご主人の返答にスイッチが入る妻も多くいます。
    日頃のストレスもある上の爆発でもあるでしょう、
    ご主人の言葉を
    「あーそうなのね」
    「うん、わかったわ」
    「そうだったの」
    とは受け取りません。

    態度は物に当たるかのように、バタンバタンと、
    表情は不満一杯に、ふくれっつらで、
    声は感情的に、キンキンと機関銃のごとく、
    乱暴に横柄に、これ見よがしなオーラなのです。

ご主人の心境、理解できますね。
幻滅し、嫌気がさし・・となるものですね。

心地よい時間は工夫次第ではないでしょうか?
「連絡いれるからね」
「やっておくよ」
「いいよ、俺がみるよ」
とご主人が言い、
「ありがとう」
「よかった!助かるわ」
「まあ!うれしいわ」
と奥様が応える。

生活の流れを変えていきませんか?
「なんで?」「どうして?」
その言葉を言わない意識がけでも違うものですね。

夫婦修復のため、一緒に工夫重ねていきましょう。
迷わずご相談寄せて下さい。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


34 件のコメント

  • 齋藤さま

    昨日18時半より相談させて頂きましたYです。

    今朝の嫁の態度ですが、笑顔で接してくれました。時間がなかったので、出勤後に「笑顔で接してくれた事にありがとう。嬉しかった。子供たちの為にもこの雰囲気を続けていこう。」とメールしました。
    まだ反応はないですが…。
    また嫁は好きな相手に、かなりのめり込んでいるようです。会う約束を取り付けようとしているので、どう対応しようか悩んでいます。
    また相談させてください。

    • Yさま
      コメントありがとうございます。
      やはり今はまだ奥様と相手の関係に対応するには、
      覚悟も力も準備も足りません。
      貴方自身のこと、夫婦のこと、奥様のこと、お子さんのこと、
      考えていく必要ありますね。
      先ず向き合うはこのことからではないでしょうか。
      焦らないでいきましょう。
      またご相談寄せて下さい。
      応援していきます。

  • 斉藤様

    返信有難うございます。
    確かに相談させてもらった時は、覚悟を決めたつもりなのですが・・・。

    また、嫁と向き合うためにの手段として、メールで気持ちを伝えていくというのはどうなのでしょうか。
    今のところ、メールの内容にかかわらず、返信および、実際に顔を合わせた時のリアクションはありません。

    • Yさま
      コメント拝見しました。
      一緒に住んでいる奥様に気持ちを伝える、
      メールという方法は不自然ではないでしょうか。
      覚悟も勇気も自信もYさん自身に向き合うことで、みなぎってくるものですね。
      自分自身にも向き合ってくださいね。
      リアクションないのは想定内です。
      週末楽しんで下さい
      応援しています。

  • お久しぶりです。旦那さんからは、全く連絡はこないので、メールでこちらから感謝のメール送りその返信がさらっとくるだけです。今日は久々に感情が乱れ泣いてしまいました。私一人じゃ育てられない。と。息子達にも心配させてしまいました。ここで旦那さんにメールや電話してしまわないよう、こらえて明日からまた頑張ります。
    私の頑張りや旦那さんへの思いが伝わらず悲しいですが、ここで感情的に伝えてもいい事はないのでぐっとこらえます。たまには泣いてもいいですよね。家族四人で笑える日が来るのか想像できず不安で一杯の日です。ブログありがとうございます。

    • tさま
      コメントありがとうございます。
      子育ては大変なことも沢山ありますね。
      泣きたいくらいのことだってありますとも。
      お子さんが不安になりますよ。
      感情が乱れても修正するのは、自分が一番。
      頑張っていること感心するのも、自分が一番。
      泣いてもいいわ、でもいつもの明るいtさんにすぐ戻れますように。
      応援しています。

  • 主人の不倫が発覚したころの自分を言われているようです。
    もっと早く嫌な自分の態度や言葉遣いに気づいていたら違っていたかもしれませんね。
    今まで修復中、自分の中でもうだめかも、まだ頑張れる、の繰り返しでした。
    主人も私と同じかそれ以上に葛藤していたのかな、と先週電話相談した時気づかされました。
    昨年主人から離婚だ、別居だといわれ1年私なりに頑張ってきたことの結果が今回主人の離婚に向けての別居宣言
    だったんですよね。先週土曜日に家族で出かけることができたけれど、主人が当初別居宣言していた6月末が近づいています。
    主人から別居についてまだ話がないのですが今週末何かありそうな予感がします。
    電話相談時にアドバイスしていただいたように主人に伝えてみます。

    • Mさま
      コメントありがとうございます。
      Mさん頑張っていると思います。
      そしてぶれない気持ちを持っていると思います。
      ご主人の葛藤がうかがえますが、
      やはり別居は避けたいところです。
      乗り越えていきましょうね。
      過度に緊張せず自然体で!
      応援しています。

  • 斉藤様

    返信有難うございます。

    嫁のリアクションに一喜一憂しないようなるべく平常心を保つようにしたいと思っています。

    明日は思いっきり楽しんできたいと思っています。

    また相談させていただきます。

  • 斎藤さま

    お世話になります。

    今日行ってきました。着いてから連絡したのですが仕事を始めたようで、仕事中だから無理と連絡がありましたので手土産とまた来るというメモを残して帰りました。義父宛には謝罪したい、その時は電話してから伺いますとメモを残してきました。

    その後、もう会う気はないから二度とこんなことはやめてくれと妻からメールがありました。仕事も始めて自立を計ったり悲しい言葉のメールがきたり私を過去の事にしようとすることは辛いですが、想定内と仕分けしたら多少気持ちは楽です。伝えて行く為には言われるまま会わない事は選べませんが、今後どういう手順が良いのでしょうか?宜しくお願いします。

    • 夫さま
      コメント拝見しました。
      会いに行ったこと頑張りましたね。
      やはり想定内の奥様でした。
      凹まず行こう!自分の気持ち言わずでは後悔する。
      と仰っていましたね。
      お仕事はじめられたと言うことですから、体調はよくなったのでしょう。
      安心できることですね。
      また来るのメモ通り行ってみましょうよ。
      応援しています。

  • 斎藤さま、今晩は。
    申し訳ございません。また長くなってきました。
    別居から1週間が経ちました。昨日、息子が私と遊びたいというので迎えに行きました。その時、妻が仕事が決まったと言い始め週5日の夕方から夜9時までだと。帰ってきたら、もう10時です。妻は朝、子供が具合が悪くても、学校行事が有っても大丈夫な時間だからと。小学生の子が居るのに週5日夜10時まで家に居ないのはどうかと、他の時間帯はないのか、何故、決める前に相談してくれないのかと聞きました。「自分なりに考えたのに」「全て言わなければいけないのか」「なんで仕事が決まって良かったねと言ってくれないのか」最後はいつもと同じで、もう疲れた、あなたを考えない時間が欲しいと泣きます。妻の意図を汲んで別居の段取りもお金の事も言わず段取りもしました。私が仕事を決める前に相談してくれてもと言ったことは、間違っていましたでしょうか。その後に、みんなの為にもカウンセリングを受けた方が良いと言いました。この言葉も面白くなかった様です。受けるとは言いましたが。

    • HWさま
      コメント拝見しました。
      息子さんの不安伝わってくるようで、辛いです。
      奥様がその仕事を選んだのは何故なのでしょう。
      奥様なりにどう考えたのでしょう。
      自分のことで精一杯、お子さんの気持ち考える余裕もないのでしょうね。
      奥様も辛く思っているのでしょうが、
      思考の傾向に問題がありますね。
      お子さんが心配でしたら、夜自宅に戻ることも必要でしょう。
      乗り越えていきましょう。

  • 齊藤先生、先日はカウンセリングをありがとうございました^^
    平日も家で食事をとるようになり、お酒を飲みながら仕事の話もしてくれるようになって、笑顔も増えてきた主人ですが、まだ家族団らんとまではいかないようです。
    寂しいなぁと思いますが、長い間主人も寂しかったのですよね。
    季節のせいか、少しメンタルが落ちています。
    土日に出掛けたら、息子と同じくらいの男の子とお父さんが仲良く遊んでいるのを見て、去年までは一緒に出掛けられていたのにな・・・と悲観的に思ったり。
    いけませんねー。
    またお電話させて頂きますね。

    • OHさま
      コメントありがとうございます。
      他の家庭をみて悲観的になるメンタル弱いですよー。
      立て直す工夫して下さいね。
      積み重ねていくことが大事なんです。
      当たり前のようだったことが、喜びに変わったんだもの、
      小さいことだけど、少しずつです。
      焦らない大丈夫、自分に言ってくださいね。
      応援しています。

  • 先ほどは、ありがとうございました。落ち着いてから会社にいきました。私はやはり、まだまだダメですね。先生がおっしゃっていた、私が彼を守れるような考えの力がついてないのでしょう。大きな器になりたいです。旦那さんの頑な拒否、つらさの裏側の気持ち感じていかないとですね。

    • Tさま
      コメントありがとうございます。
      落ち着いたのね。よかったです。
      ゆっくり時間取れなくて申し訳ありません。
      今まで優しいご主人に守られる、
      嬉しかったより当たり前の受けとめだったかも・・
      喜びとして伝わっていなかったのでしょう。
      人を守るって嬉しいことです。ご主人でもお子さんでも、両親でも。
      相手の喜びが伝わってくるもの。
      守られ守る、両方できて尚嬉しいことですね。
      考えの力ついているから大丈夫、伝え方の工夫努力です。
      自分をだめと思わないで、前進しましょう。
      応援しています。

  • 斎藤さま
    返信ありがとうございます。

    毎週行くことには何のためらいも無いのですが、今の私には、こうこうこうだからこの妻じゃなきゃダメなんだという確固たる答えが導けていない気がするのです。仕事に忙殺される中で漠然としかその答えが導けないまま会っては何を伝えても響かないのではないかと。

    なぜ妻じゃなきゃダメなのか。その存在が私を強くするから、その存在で私が自分以上の力をだせるから、その存在が私の原動力になっているから。そんな答えですが、言葉にならない、特別な存在だからこれが私の今の精一杯の答えです。

    そんな抽象的な言葉では伝わり辛いでしょうか?そもそもそんな答えを持ってからでないとということ自体が男目線で、妻にとってはどうでも良いことなのでしょうか?

    • 夫さま
      コメント拝見しました。
      奥様じゃないとだめ・・の思い理解できますが、
      奥様次第ではない自分の人生です。
      大切に向き合ってほしいです。
      執着ではない広い視野のもとです。
      いろいろなことに気づけた夫さんです、
      自分の魅力も増しているはずですもの。
      「君じゃないとだめ」と受けとめる奥様は、
      執着されていると思えば、距離をとるのではないでしょうか?

  • 先生、本日15時より相談に乗って頂いたK.Mです。
    先生からのアドバイスを頂き、私の決意も固まり、早く自宅に帰りたいと思っています。

    義両親からは、あいつが迎えに来るまで待ってろと言われて、
    主人からも、もうちょっと頑張りなと言われています。

    義両親は、今帰ってもまた私が携帯見て問い詰めたりしたら、次こそ終わりだからと言っています。

    私は、主人が迎えに来るまで
    待ってるべきでしょうか。

    もう、帰ります。と言って帰ってもいいんでしょうか。

    • KMさま
      コメントありがとうございます。
      決意でき、自分の目指すもの明確になったようですね。
      嬉しく思います。
      揺らがない強さをサポートしていきます。
      義両親の仰る通り、携帯見て問い詰めたら深刻度は増します。
      帰ると言って帰ってもいんです。
      やること、やってはいけないこと、理解できているのですから。
      応援しています。

  • 斎藤様

    先日ご相談させて頂いたTです。

    貴重なアドバイスをありがとうございました。

    ご指摘頂いたこと
    自分一人では気付けなかったことが沢山ありました。

    「修復に向けての行動→夫の反応を伺う=夫の反応を求める」になっていたこと、
    まさしく独りよがりでした。

    話を聞いて頂き、アドバイスを頂いたこと
    不安や怖れが和らぎました。

    今は焦らないよう頂いたアドバイスを実行するようにしています。
    するとこの数日間、まず自分が楽になりました。

    もう一度受け皿作っていきたいと思います。
    あせらず、少しずつ。

    くじけそうになったらまたご相談させていただきます。
    よろしくお願いします。

    • STさま
      コメントありがとうございます。
      気付くきっかけがあったようですね、
      本当によかったです。
      焦らず、少しずつ、そう、大丈夫です。
      応援しています!

  • お返事ありがとうございます。
    主人から用事があって電話があった際に、もう帰りたいと言ったら、まだ頑張ってない、もうちょっと頑張ってと言われてしまいました。
    きっと、主人は私が帰るといろいろやり辛くなるからだと思います。

    私にはまだ修行が足りないからと言っているので、
    ここで帰ると、主人は機嫌を悪くして
    私が頑張ってないみたいに思うのでしょうか。

  • 主人からの別居宣言期日です。あれから何も話がありません。
    というより毎晩帰宅時間も二時過ぎで私と顔を会わせたくないようです。
    今日は会社の人達とゴルフへ行っています。
    今朝明日は「いろいろ用事があるから1日車使うよ」と言われました。ボーナス出たから取り敢えず▲万わたす」とも言われました。
    別居の準備をはじめるのでは?と考えてしまいます。
    私には何も言わずすべて決めてある日突然出て行くのではないかと不安になりました。どうしていいのかわかりません。

    • Mさま
      コメント拝見しました。
      別居宣言の期日に不安で、辛そうですね。
      なんの話もないから、あれこれ考えて、
      余計不安になるのでしょう。
      よく分かります。
      でもそのままでは、貴方の目指す夫婦、家庭の目標に向けての思いも
      後ずさりしてしまいます。
      お時間都合つくようであれば、ご相談よせてくださいね。
      応援しています。

  • 先生、こんにちは!!覚えてますかね?笑
    グアムより帰ってきました。

    でも、私の悪い癖が出てしまいました。。現地の旅行会社にクレームを言ってしまいました。本来なら穏やかにならないといけないのに
    。クレームを言っていた為ビーチへ行く時間も10分程出遅れてしまいました。待たされていた旦那はもっと長い時間を感じていたと思います。

    帰ってきてからも、私がせっせと動いて荷物の片づけをしていた為旦那からは「怒っている」と呟かれていました。

    以前の私に戻った。プチモンスターな私に戻ってしまった所を旦那に見られていて、どう良いように改善して行こうか?苦戦中です。
    生理前で、体調も良くなく苛々もします。旦那に謝罪の言葉を述べて行こうと思います。そして明るく、元気に!!

    • atsukoさま
      コメントありがとうございます。
      旅先での貴方のせっかちであわてん坊の様子がありあり見えるようですよ。
      そのことを悔やむより、
      一緒に行けたこと、良い思い出ができたこと、
      素直に喜んで下さいね。
      苦戦もイライラも、自分で解消することです。
      応援しています。
      頑張って!

  • 斎藤さま

    お世話になります。

    前回のお伺いは、私の、妻への執着というより、妻に私を伝える時に、どうしてそんなに私じゃなきゃダメなのという問いかけがあるのではという仮定で、私自身に問いかけたものです。ですがそう妻にとられる可能性があるのもわかりました。ありがとうございました。

    明日行ってこようと思います。妻に会えなければせめて義父に連絡をとり、許して頂けるならば一度お会いしてきたいと思います。

    妻への伝え方、伝えるべきこと、もし出来ましたら今一度ご教授下さい。宜しくお願いします。

    • 夫さま
      コメントありがとうございます。
      伝えたい気持ちを言わないまま後悔したくないのでしょう。
      言えたことを素直に喜べばいい、
      どんな反応であっても聞いてくれたら、
      それも素直に喜べばいい、
      そう思います。
      仕事を始められ、心労もあるかもしれませんね。
      実家で仕事を始める、奥様本来の希望のものではないのかもしれませんもの。
      受け皿になってあげられるといいですね。
      妻というより近い友達のように客観的にです。
      応援しています。

  • ありがとうございます。
    すぐにでも電話をしたいのですが娘が家に居るのでだめでした。
    今日は昔の画像や写真を整理してみました。不安な気持ちで一杯ですがまた笑顔で家族写真を撮りたいと思いました。
    涙が出てしまいますが子供には悟られないよう顔を洗って笑顔でいたいです。
    娘へ話すこともないまま別居になったらと考えると怖いです・・・そんな主人じゃないと信じたいです。
    明日電話させていただくかもしれません。

    • Mさま
      コメントありがとうございます。
      思いに向けて進んでいきましょうね。
      楽しいことがあって笑顔の人もいれば、
      笑顔だから楽しいことがある人もいます。
      応援していきます。

  • 先日はお忙しい中、何度も有難うございました

    最新の記事にコメントを残したかったのですがスマホからだと文字化けして表示出来なかったので、こちらに失礼します

    先程夫がボーナスを取りに来ました
    夫から3分の2以上は欲しいとメールがきましたが3分の2で勘弁して〜と返事したら何も言わなかったので3分の2を渡したら…やっぱり3分の2かとボヤいていました(^_^;)

    この前、教えて頂いた会う時間を増やす交渉は、会話が和やか過ぎて重い話をする雰囲気ではなかったので言えませんでした

    なので率直に私のボーナスも今月だから入ったらゴハンに行こうと普通に再度誘ってみたらOKでした

    こんな感じで私のペースに巻き込んで会う時間を増やしても大丈夫でしょうか?
    向こうからまた今のままでは…と言われたら先日の作戦を使ってみようと思っています

    先週から3回会って緊張が解れたせいか、前回別居後の本音を話せたせいか、今日の夫はいつになくたくさん話をしてくれました

    別な視点で考えれば、何かやましい事があって饒舌になってるのかなとも思いますが、プラス思考で受け止めておきます(^_^*)

    向き合う時間を増やしていく中で自分がどうしたいのか執着心を捨てて考えていけたらなと今は思っています

    • basename929さま
      コメントありがとうございます。
      何はともあれ誘いを受けてくれたご主人でよかったじゃないですか。
      ご主人は気持ちを言わないことが多かったのですから、
      話を精一杯受けとめること大切ですね。
      沢山聞いてあげてください。
      いつもプラス思考でいる貴方です。
      きっと向き合うことで、
      双方安心できるお二人のムードになれることでしょう。
      応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。