いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

本格的な受験シーズンとなり、
東京では今日から中学入学試験が始まりました。
連日の入試スケジュールをこなしていく受験生、付きそうご両親にとっては、
緊張の1週間となるのですね。
寒いなか、家族総出で、
子供さんが力を出し切って頑張る、
ご両親が合否結果、入学手続きに奮闘する、
正に一致団結なのでしょう。

今回は、
子供の教育方針の違い、一致団結できない夫婦の危機について、
お話します。

  • 我が子のためだからこそ、思うこと。
    「こうだろう。」
    「こうがいい。」
    「こうしよう。」
    夫も妻も真剣に考える姿勢は同じです。
  • 子供の人間形成を考えて、
    子供の将来を考えて、
    子供の環境を考えて、
    子供の安全を考えて、
    「こうしよう。」
    夫と妻は根拠や理由付け、結論が違います。

冷静に考えれば、違って当然のこと、
冷静に話し合えば、理解も納得もでき、折り合えること。

なのに、夫が妻が
双方とも譲れない。一方が言い張る。

大切な子供のことだからこそ・・なのに
夫婦破綻、仮面夫婦、離婚問題に深刻化する辛い現実があります。

大切な子供の共有できる喜び・・なのに
円満になる問題を夫婦の危機にしてしまう原因があります。

  • 「子供のことは私が一番解っているのよ」
    「こうすることにしたから」
    「貴方は解っていないじゃない」
    妻の言い方に不満を持つはずですね。
  • 「妻の思い通りに子供をし向けている」
    「何の根拠があるんだ」
    「俺の意志を無視している」
    妻のやり方に憤慨するはずですね。

夫が不満を持ち、憤慨していることに気付かない妻がいます。
なぜなら、
「私の言っていること、やっていることに間違いはない」
思い込み、押しつけです。
「一生懸命やっている」
「子供は喜んで納得している」
正当化です。
「解らない貴方は間違っている」
非難です。

夫婦、家族円満になるはずの子供の成長のことです。
一致団結に向け改善すべきことなのです。

応援していきます。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

投稿者: 斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. さきほどはありがとうございました。
    言われてた通り、主人と話すのがずっと怖くて、余計な想像までしてしまっていたと思います。
    気が狂いそうな毎日でしたが、元気がでました。
    主人をにこやかに迎えられるよう、やっていきます。

    1. めぐみさま
      元気が出てよかったです。
      ご主人がいない時を、どう過ごすのか?
      とても大切な時間ですね。
      これからのめぐみさんの対応で、好転の可能性はあるんです。
      怖くてドキドキより、明るくさくさく、ですよね。
      不安でビクビクより、大きくどんどん、でいいんです。
      やっていきましょうね。サポートしていきます!

  2. こんばんは。
    今日は主人と息子と3人でご飯を食べたり、買い物をしたり公園で遊んだりしました。
    息子もすごく喜び、主人も息子と楽しそうに遊んでくれ、私にも笑顔を見せてくれたり…
    帰り際、「今まで本当にごめんね。私、頑張る。」と自分の気持ちを言ってしまいました。
    ダメですよね…。
    1日笑顔で明るくを頑張ったのに…。

    1. りかさま
      嬉しい一日でしたね。
      ご主人が
      傷ついて疲れてしまった心を回復し、
      貴方との生活を再スタートする決心がつく。
      その時がくるまで、
      嬉しいこと積み重ねていきましょうね。
      そう、貴方は「笑顔で明るく」ですね。

      貴方のお子さんの笑顔がみたい。
      ご主人がそう思うくらいです。

      頑張っていきましょうね。応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。