離婚回避「離婚したいと言う夫に受け入れられる妻とは?」を考える。

いつもお読み下さりありがとうございます。

夫は、

離婚したい

と妻に話します。理由は、妻への不満が積み重なった。
夫婦問題は二人の責任だと思うが、どうにもならない状況である。
自分の気持ちは元には戻らない。

離婚したい理由を始めて聞き、不満に思っていた夫を知った奥様は、

「離婚したくない。ずっと一緒にいたい。」
「今までごめんなさい。これからは妻として努力する」

と夫婦修復を望む。

しかし、夫は、こう話します。

離婚したい気持ちはどうしても変わらないんです。
離婚したいという自分は勝手なんでしょうか?
妻がどんなに頑張っても、妻を受け入れられない・・。

男性は、一度「こう!」と決めたことを変えるのは、
容易ではないことなんですね。

私達妻である女性には分かりにくいことですが、
そこには考え方の違いがあります。
男性は、

自分で考え悩み、「離婚の選択」という結論を出します。
結論を曲げての夫婦修復、妻を受け入れることは、相当のことなのです。

離婚したいと言われて、夫が不満に思っていたことに気付いた・・
というケースになるのですが、

「ちゃんと言ってくれればいいのに・・」

という妻の思い、勿論わかるのですが、男と女感情の出し方にも違いがあるのです。

自分自身今までを振り返ると、人との繋がり、仕事の繋がりの中で、
男性、女性の考え方の違いを感じてきました。
相乗効果で上手くいくこともありましたが、行き詰まることもありました。

男としての強さ、根性、バイタリティー、包容力、瞬発力、爆発力。

女性にはない憧れでもあります。

ひるむことなく、やり遂げることへの集中力。

敵いませんでした。
夫婦であったら尚更、細かい部分に関して感じます。
考えの違いを挙げて論争しても、
白黒はっきり求め合っても、
「どちらが正しいのか」という結論のないものだったりですね。

男性と女性の考え方の違いを乗りこえるには、
お互いの考えを尊重する、素直さ、謙虚さが必要です。

乗り越えること、歩み寄ること、
そこには、主張も否定も批判も犠牲もないですもの。

「受け入れてもらえない」

と嘆き、悲しむ気持ちは、よく理解できます。

「受け入れてもらいたい」

と思うなら、
男性の考えを受け止め、先ず、依存からの脱出、自立。
ここからではないでしょうか?

夫は、猪突猛進、単純明快。
夫にそんな形容詞を付けてしまうくらいの妻になりたい。
そう思います。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


4 件のコメント

  • まさに私と夫の状況です。離婚を受け入れる以外、別居を続けて裁判離婚となる以外の結末が見えず絶望的です。

    • あいさま
      コメントありがとうございます。
      あいさん、ごめんなさい。 ご相談お受けしているのか?どなたなのか把握できなくて・・
      既にご相談いただいているのでしたら、日付、頭文字、お願いできるでしょうか?

      どちらにしても、絶望的な思いで「離婚」を受け入れてほしくありません。
      貴方の大切な人生です。自分の将来、考えていきましょうね。
      ご相談くださいね。

  • 私は離婚宣告まち状態です。夫からは「気持ちが切れた」と言われて、家庭内別居状態。
    でも実は、夫は中国人と不倫中。しかし、夫は不倫を否定して「気持ちが切れた」の一点張り。
    夫が離婚を決断するのを待つしかないのか?修復はできないものか?

    • みゆさま
      コメントありがとうございます。
      不倫関係のことを隠して、一点張りの気持ちを言うご主人は、
      多いように思います。
      みゆさんの思い、夫婦として「どうしていくか?」ですね。
      気付かない部分、実は自分自身のなかに多くあるものですね。
      これからの方向性、そしてどうすべきなのか、
      見つけること、気付くきっかけ、必ずあることでしょう。
      応援します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。