夫婦修復の為に・・自分を変えても悪化するには訳がある

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

お受けしているご相談には、本当にさまざまな夫婦問題があります。
一番大切なのは、
「どうしていきたいのか」
自分の心の声ではないでしょうか?
そこに自身のこれからの人生や生き方があるからです。
夫婦問題は二人の人間の関わり方の問題、
「どうしていきたいのか」
自分のことですもの、
思うことも、考えることも、悩むことも、選ぶことも、
今までと変わらないことであるのに、
相手に翻弄されてしまうばかりとなりがちです。

「こうしていきたい」と言えば、
問題解決どころか、さらに悪化し深刻な状況化で決断を迫られる自分となる。
「どうしていきたいの?」と聞けば、
問題解決どころか、さらに翻弄され身も心も消えてしまいそうな自分になる。
「どうしたらいいのか?」
「どうすればいいのか?」
見いだせない自分なのでしょう。

「変わらなくちゃ!」
反省すべきところを・・
改めるべきところを・・
「嫌だった」と言われたこと。
「傷ついた」と言われたこと。
振り返りと努力を続けることがするべきこと。
と見いだした自分であるのに、
少しも喜ばない、それどころか、
「やめてくれ」「今更もう遅い」
と言う相手。
さらに何も見いだせない自分となるのでしょう。

自分を変えていくことは、
改善であるのですもの、いいことに違いないはずだが、
相手をもまた変えてしまうことかもしれません。
それも、悪い方向へと・・。
ますます、よくない関係へと・・。
そこには、
抵抗、警戒、二人の大きな力が
引き合い、押し合い、傾き合い、つぶし合い、しているからなのでしょう。

自分を変えていくことは、
今までにない自分を手に入れることですもの、
素晴らしいことに違いないはずです。
びくびくしたり、おどおどしたり、
緊張や不安、辛さや苦しみの自分であることではないことです。

うきうきするような、わくわくするような、
喜びや楽しさ、幸せ感や期待感の自分であってこそ、
相手はもちろん、
周りの人や全ての事、全てのものをも
変えてしまえるような、変わってみえるような、
素晴らしい力となるのですから。

これからの人生や生き方。
どうしていきたいのか?
幸せになるために・・です。
「変わらなくちゃ!」
どう変わっていくのか?

誰でも幸せになっていい、誰もが幸せになろうとしている。

深刻な夫婦問題に変わってしまわぬよう、
一緒に考えていきましょう。
 


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。