夫婦問題。信頼の回復、修復には隣り合わせの「束縛」を考える。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

夫婦は他人であるゆえ、信頼関係がないといけません。
夫婦は当然男女であるゆえ、愛情もないといけません。

長き結婚生活、愛情と信頼で結ばれている夫婦。
素敵ですね。
私達の理想とする夫婦ですもの。

しかし、簡単なことではないのです。
夫と妻のすれ違い、夫婦問題、浮気問題。
さまざまな問題を乗り越えなくてはいけないのですから、
損なうもの、崩れるもの、守るもの、立て直すもの、
何もせずに手に入れることはできないのでしょう。

愛情の回復・・
思いやり、優しさ、労い、いたわり、言葉であったり、
心のこもったプレゼント、態度であったり、
相手の愛情を受け取れますね。
比較的回復しやすいものかと思います。

信頼の回復・・
とても難しいことなんです。
相手の言葉や態度だけでは回復されない、
逆に信頼を失うことさえあるのですから・・

「一度失った信頼を取り戻すのは、難しい、無理。」

こう話される皆さん、
このままで、夫婦関係どうなるのでしょうか?

夫の嘘いろいろ。

黙って、趣味に大金を使っていた。
ギャンブルにはまっていた。
投資に失敗し、借金していた。
仕事を辞めていた。
浮気していた。

妻の信頼を裏切る行為を
許せない、忘れられない。

信頼の回復ができないとなれば、
所詮他人同士、別の道を歩むのでしょうか?

「夫を信じる」

と言いつつも、
束縛、支配、コントロールだったりなんですね。

傷つきたくない、
寂しいのは嫌、
悲しいのは嫌、
都合の悪いことは嫌、

だから、そうしてほしいの。
夫の全てが分かるように知っていたいの。

夫は自由を奪われ、妻の独占欲、嫉妬に閉口していくのです。

妻のその思いに応えようとする夫は、妻次第の夫。
妻にとってはいいけれど、
夫の生き方、人としての成長はないのでしょうね。

失った信頼は、何かしてくれたら回復するわけではない。
そう思ったとき、実は本当の信頼をしていない自分に気づきます。

愛する夫には生き生きとしてほしい。
やっぱり生き生きしている人のそばにいたい。

目指す理想の信頼は、
独占欲、嫉妬、束縛から解放された心で、相手の行為に左右されることない、
信頼です。
信頼と隣り合わせの束縛、どう乗り越えていくのか・・・
やっぱり自分自身の成長ですね。
解放された心を持つことの勇気と強さ、大切なのでしょうね。

初回20分無料相談
お受けしています。

(10:00〜20:00|年中無休)


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

4 件のコメント

  • 検索語録からこちらがヒットし、読みました。質問してお返事もらえるか分かりませんが、一つ。束縛とは境界線はなく相手が不快に思えばそこからなのでしょうか?社会人の基本のほうれんそうをこっちは言いたいだけなのにそれを束縛だとされたら妻である私は何も知らないままになり、やりたい放題だと思うのです。先生はごはんを用意して待っている自分がとても悲しくなりませんか?遅い、連絡がないと気になりませんか?自分の成長以外に旦那に対しての詳しい対応をアドバイスして欲しいです。よろしくお願いします。

    • ココさま
      コメントありがとうございます。
      社会人の基本のほうれんそう、大切ですが、
      夫婦間は社会とはまた違う関係性のものであるため、
      当たり前との認識であれば、不快と受け取る相手なのではないでしょうか?
      質問にお答えしますね。でも私は結婚年数も多いので、参考になるかしら・・
      ご飯を作って待っている自分悲しいと思ったことありません。
      帰り際に連絡をくれた時には「嬉しいわ!]と伝えてあるので、連絡なければ忙しいんだと理解できます。
      気になるとは、不安心配詮索疑い想像妄想・・あまり夫婦間円満になることではないですね。
      悩んでいたらご相談よせてくださいね。

  • はじめてです。
    私の起こしたこうどうのせいで主人からドン引き、呆れたと言われました。
    ライン上で関係があった女の人とけりをつけに行った主人。束縛、嫉妬、不安にかられて、それを知らず待ち伏せして証拠をつきつけるように2人の前に現れた私。怒りで我を忘れて、最低ですよね。こんなことして、主人は私を本当に思っていてくれたかもしれないのに、呆れられて当然のことをしました。
    これは修復中の出来事。私があんなことをしなければと後悔しかありません。これが原因で離婚を突きつけられるのではないかと思ってます。修復はもう不可能なんでしょうか。

    • はる様
      コメントありがとうございます。
      夫婦修復に向かうには、心の軸をしっかりもって、
      やってはいけないこと、やらなくてはいけないこと、
      仕分けしていくことが大切だと考えます。
      あきらめることなく進むにも、大切なことをしっかり理解していかなくては
      ならないと考えます。
      応援していきます。ご相談お寄せください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。