共稼ぎ夫婦の危機|修復ならば「理不尽な要求」について考える。

いつもお読みくださってありがとうございます。

共稼ぎのご夫婦は、普通。
の時代になっています。

妻の皆さんは、
結婚当初から、
お子さんがいれば保育所に預け、
子育て終わって手が離れてから、

仕事が好きだから、
家計のため、
お小遣いがあれば、
いきいきとしていたいから、

事情も働きかたもそれぞれです。

夫の皆さんも、
妻に働いてもらいたい方多くいらっしゃいますね。
金銭的に余裕ができるから。
妻がいきいきとして、綺麗でいてくれるから。
こんなお話をされます。
余裕のある生活、
お出かけ、買い物、外食、旅行。
経済的余裕は心の余裕でもありますものね。

  • この世の中です。
    働く必要性があるのも事実です。
    妻は、
    自営であれば、当然夫婦共稼ぎです。
    そうでなくても、働かなくてはいけない事情もあります。
    ちなみに私は、自営の家に嫁ぎましたので、
    働かざる者食うべからず・・です。

 

働くことに理解ある夫、
でも、しかし、
「働いてくれなんて、言ってない!」
なんて言ったり、思ったりするんです。
家事、育児に手抜きを感じたりするから・・
仕事しても、家事育児両立して当たり前なんでしょう。

働く妻にしてみたら、
「協力しているつもりの夫」に対し、
「何も任せられない、中途半端な手伝い」と不満に思う。
協力は当たり前であるからなんでしょう。
ですもの、期待どおりの協力がなければ不機嫌になるものです。

当然摩擦が起き、ストレスとなります。
豊かで恵まれた生活であっても、疲れはとれません。
暖かい家庭でなくなってしまうのです。

家庭的な妻、仕事のできる妻、家事育児両立できる妻。
家庭を支える夫、理解あるフェアな夫、妻と同じにそれ以上家事を両立できる夫。

お互いが理不尽な要求ではないでしょうか?

時代にそぐわないお勧めをするつもりはありません。
しかし、
自分はの思いでなく・・・私達夫婦の思いです。
より良い暮らしのため、
理不尽な要求ではなく・・・素直な気持ちで自然にできる自分の役割です。
一緒に考え方の工夫してみませんか?

定職就くことさえままならない今、
共稼ぎでき、豊かな生活ができることは幸せなこと。

「ごめんなさい」「ありがとう」
夫婦であれば、こんな言葉だけで嬉しいものです。
すれ違う心、十分まかなえる言葉です。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


8 件のコメント

  • 先日相談させて頂いたKSPです。
    大変ありがとうございます。
    気づいたことを相手にどうやって伝えるか、
    何も伝わってないのだろうから、
    苦しい毎日です。

    今日気づいたのですが、
    妻は指輪を外していました。
    ここ1ヶ月くらいで外したと思います。

    すべてが想定内とアドバイス頂きました。
    しかし妻の傷の深さを考えると結構辛いです。

  • いつも有難うございます
    ココ半年間、主人は休日、朝9時前~夜7時過ぎまで外で過ごしておりましたが、3週間程、夕方までゴロゴロしたりテレビ観戦で家で寛ぎ、2時間ほどスーパー銭湯で過ごす生活になりました。油断は大敵ですが、回復の兆しと考えても良いのでしょうか?
    会話は相変わらずです。私からの必要事項は口頭で伝えています。重要事項は口頭+メールで伝えています。

    • 1600&3105さま

      コメントありがとうございます。

      2件分の返信とさせて下さいね。

      1600&3105さん
      よく分かって、理解してされていますね。

      油断大敵!
      少し夫婦間よくなると、また戻ってしまう方がいる・・
      事実です。

      適度に一緒・・夫婦の距離。
      この中でも幸せと思えることはあるはずですね。
      積み重ねていきましょうね。
      応援しています!

  • 追伸
     主人とは3回/月の一緒の休日。そんな日は、趣味外出を控え私も家で適度に寛ぎ、主人の起床時間に併せ簡単ですが朝昼兼用の食事を作り、一緒に食べるように心掛けています。取り敢えず適度に一緒です。

  • 9日はありがとうございました。
    「家に帰りたくない」というので一人で考えたいという理由なら職場に泊まってきたらいいよと伝えました。「悪かったと思う気持ちも少しはあるが、それ以上に自分のものに勝手に触れてほしくない。」とも話してきました。シャツのアイロンは不要・・料理もしなくてよいと言い出しています。何かされると苦しいけど理由がわからないみたいです。自分を守るのに必死のようです。
    そんな夫を客観的に見ています。媚びるつもりも追い詰めるつもりもありませんが何気ないメールは送るつもりです。彼には逃げないで自分の気持ちを考えてもらったらいいかなと思っています。

    • かぼちゃタルトさま

      コメントありがとうございます。

      そう、ご主人に時間をあげること、必要なんでしょうね。

      何よりそうできる、かぼちゃタルトさん、
      お若い貴方からパワーでているように感じます。
      ご主人への思い大切にしながら、伝えながら、
      自分のことも大切にね。

      自分の気持ちを整理したり、自分の仕事に励んだり、
      自分の時間で好きなことを見つけたり、
      更に素敵な女性になってほしい・・
      そう思います!

  • 昨日、妻に感謝の気持ちとごめんなさいと手紙に書いて伝えました。
    最近は帰るコールをしてももう出てくれなくなりました。 今日もでした。
    きっと妻は自分と一緒の空気を吸っていることすら苦しいのだろうと思います。
    もう会話は朝、おはようという言葉に返事があるだけになりました。寝る前に今日の感謝の気持ちを一言伝え、おやすみと言いますが目も合わせません。
    自分より何倍も辛い思いをしていたのですから当然のことです。

    • KSPさま

      コメントありがとうございます。
      2件分の返信とさせて下さい。

      KSPさんの辛いお気持ち理解できます。
      しかし、奥様のお気持ちを考え、落ち込む、
      修復へ進むのでしょうか?

      KSPさんの心が先ず元気になって、修復へ向かう力に
      してほしい・・そう願います。

      諸々の状況、把握いたしました。

      修復できるだろうか?大丈夫だろうか?
      誰にも分からないこと・・ですが、
      大丈夫だろうか?と疑うことでは、大丈夫ではない。

      自分を信じて下さいね。
      応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。