「何をしたらいいんでしょううか?」「自己流生活改善わかりません・・」

前回の続きとなる話をさせて下さい。

「自己流」に家庭を切り盛りしていた妻が離婚問題、浮気問題に直面し、
「改善します!」と宣言されました。

でも、「何をしたらいいんでしょうか?」と・・

自己流と言えば、聞こえよくとられがちですが、
厳しく言えば、自己中心ではないでしょうか?
相手を思いやらない、理解しない。
自分は正しい、自分の思う通りにしたい。

我慢しきれなくなった夫の態度に
始めて間違っていたと気付いた妻なのですが・・

「誠心誠意の謝罪をしましたか?」
「しました。でも許さないって・・今更言われたくないって・・」

「どのように?」されたのでしょう。
「私が悪かった。酷いことしてきたと思っています。
 ごめんなさい。別れるなんて嫌です。
 これからは、貴方に嫌われないよう努力します。」
 
「でも、主人に今更何だ!信じるわけないだろう!」と
酷い事言われ、
「貴方は今まで何も言わないで、いきなりなんて酷い。
 私の気持ちを全く考えてない。
 私も家庭で子供の世話一生懸命やってきたのに・・」

夫から話し合うことを拒否された妻は、
夫に自分の気持ちを綴ったメールを送るのです。

「自分のしてきたことが間違いだった」と思い、謝罪なら、
心を込めて謝るべきです。
言い訳のような謝罪をしては、相手の心は余計頑なになってしまいます。
メールを送って、相手はどう受け取るのか・・
自己満足の謝罪になってはいけません。
自分の心に刻んで下さい。
謝ったから許してくれる。

  • 許すのは貴方ではなく夫です。
  • 謝罪の言葉に自分の主張はいらないのです。

自分に気付き改善するには、素直な自分が必要です。
修復に向けての努力にも絶対のものです。

修復に向け、自分改善を始められる妻は、謝罪でつまずきましたが、
「でも本気!」との事です。
自分を振り返ることの苦手な妻の修復は、いばらの道のようですが、
こちらも本気でサポート、腹をくくっていきます。

にほんブログ村 家族ブログへ
励みになります。
よろしくお願いいたします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。