離婚後の経済的不安を避ける為3つののポイント

「離婚は冷静にしなくてはいけない」と皆さんにお話させて
いただいています。
経済的な不安を抱えての生活は、離婚後の人生を大きく左右
させる一つ要因だからです。

  1. 離婚してから仕事を探そうはNG
    すぐに仕事はみつかりません。無職のままではすぐに生活できなく
    なります。
    離婚準備の期間にハローワークなどに通われ仕事を決めて、
    働き始めることをお勧めします。
  2. 資格取得を考える
    専業主婦であったりした場合、希望の職種に就くこと、
    結婚前の就労を生かすことも困難である今の情勢です。
    社会復帰は考えているよりも難しいことを理解し、
    資格取得をするなら、早い時期からの準備が大切です。
    在宅の通信講座を利用してもよいでしょう。
    「パソコン」「医療事務」で事務関係の仕事、
    「ヘルパー資格」で福祉関係の仕事に就くのが有利となります。
  3. 自立支援給付金の制度を利用する
    離婚準備の期間に資格の取得ができなければ、厚生労働省からの
    補助の申請をするとよいでしょう。
    母子家庭の女性が資格取得するさい、受講料の40%の補助がでるものです。

離婚後一人で生活していくのは、とても大変です。小さな子供との生活
となればなおさらです。
職場は家のそば、残業のないところ、子供を預けるところの確保など
条件も厳しいものになります。
離婚を決めても、冷静にしっかり準備しなければなりませんね。
シングルマザーは本当に大変なのです。

 

にほんブログ村 家族ブログへ


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。