離婚回避、修復の改善の為に知る、「男の満たされる思い」「妻のスキルアップ」

、夫婦修復の状態にある奥様が話されること。
「夫の気持ちを知りたくて・・」
「これから先のことが、不安で・・」
夫に直に聞いてしまったり、
メールで自分の不安な気持ちをつづったり、
声に、表情に、態度に、現れてしまったり。

無理もない、仕方ないこと、そう思います。
辛い気持ちを分かった上で・・

夫婦関係の改善に繋がるのでしょうか?

夫婦関係が円満な家庭にあっても、
ご主人である男性は、要求を嫌うものです。

いい意味自発的、自主的。
ある意味へそまがり、頑固。
(男性方にお叱りをうけてしまうかしら)
そんな風に思います。

離婚回避、夫婦修復の段階にある夫婦であれば、
思い通りになりたくないのですから、
強い反発であったり、無視であったり、
怒りを向けることであったりなのです。

  • ですもの、つい送信してしまいがちな
    「いつ帰るの?」「夕飯いりますか?」
    の短いメール。
  • ましてや、
    「私はこう思っているの」という言葉のなかに、
    夫の気持ちを確かめ、
    「夫にこうしてほしい、こうであってほしい」の思い。

同じ屋根の下に一緒にいる夫は、
プライドがあり、自主的な感覚を持つ、
能力のある男性です。

自ら考え、自分を正す。
相手の為に、自分が何かをする。
自分の意志で、相手の思いを受け入れる。
自ら気づき、自分を変える。

男として、満たされる思いがここにあるのでは?

「要求しないということ、全て受け入れること」
考え方の転換は、大変なことでしょう。
しかし、ご主人に対して有効であることご理解いただけるのでは
ないですか?
いいなりになってしまう感覚ではない、
否定や詮索のない、ありのままを受け入れる基地の母のような
感覚に似ています。

妻としてスキルアップの大切な時期を逃してはいけません。
是非、手のひらのご主人転がしてやりましょう。
そんな心意気、応援します!

誰と何処で何をしていたのか・・
知りたくて聞いたところで、
都合の悪いこと、嫌なことは、答えないもの。
全てオーケー、了解のオーラで受け入れていると、
安心して端々話し出したりするものなのですね。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


4 件のコメント

  • 昨日相談させていただきました。
    想像のなかで押しつぶされてたところ助けていただきました。。。ありがとうございました。

    要求しない、全て受け入れる。に挑戦して今までとは違う二人の雰囲気に、今まで夫がどれだけ温かくしてくれてたのかをひしひしと感じます。そんなとき本当に現状に悲しくなります。

    まだうまくできませんが、これから、自分のためにがんばります。
    弱い自分に渇を入れてくださりありがとうございました。

    • Qさま
      コメントありがとうございます。
      気持ちの立て直しできましたね。
      今までのことを悔やんでも、
      ご主人のいない時をあれこれ想像しても、
      Qさんの望む夫婦の姿になるには、遠回りですね。
      悔やんだからこそ、それをバネに!
      大きく変わるきっかけにもチャンスにもできますね。
      やるしかないじゃない!
      応援しています。

  • お返事ありがとうございます。
    あれこれ想像せずに、今してくれてることを見るという言葉に励まされてます。
    そして、今朝、主人に謝りました。こないだは、責めるようなことしてごめんなさいとだけ伝えました。
    なかなか話す時間もなく、今日は主人が、家を出るのがゆっくりだったので、寝てるところに、出掛けに、行ってくるねと、その他の話を少しするときに伝えました。またその話しかって感じにため息をついてました。悪い方にいかないといいなと思います。
    もう、あとは気持ち切り替えてがんばらなくちゃと思いますが、ちゃんと伝えたいことが伝わったのかと不安になりました…。

    • Qさま
      コメント拝見しました。
      ご主人のため息辛いでしょうが、
      貴方は切り替えていきましょう。
      伝えたい、伝わるのか、と不安になるより、
      明るく優しくさくさくですよ。
      そんなQさんから自然と現れる思い、自然と伝わるものですね。
      伝えようと意識しすぎない。
      ご主人がしてくれること喜んで、嬉しい~ですね。
      頑張っていきましょう。応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。