夫婦修復問題。「一生懸命やっても理解されない」ならば一生懸命考える。

離婚問題に直面され、夫婦関係修復の相談を受けるなかには、
「離婚を求められても仕方ない」と思ってしまうケースは、
正直あるんです。
しかし、「離婚問題に発展するまえに、気づけていたら・・。当然避けられたであろう」
そういった相談には、胸の痛む思いです。

お伝えしたいことお話させて下さいね。

  • ある男性の声。
    家族の為に一生懸命働いていました。
    大切な家族を守るためです。
    しかし、妻は離婚したいと言います。
    どうして妻は分かってくれないのだろう。
  • ある女性の声。
    家族の為に一生懸命家庭の切り盛りをしていました。
    大切な家族のためです。
    だけど夫は離婚したいと言います。
    なぜ夫は認めてくれないのでしょう。

男性も女性も、
「一生懸命やっているのに」と思っても、相手に理解されない。
「一生懸命な自分」・・なのに離婚問題になってしまうのです。
残念でなりません。

一生懸命やることは、とても大切なことです。

しかし、「相手の望む、喜ぶ」バランスを考えなければ、
「自己満足」の一生懸命になってしまうのです。
「相手を失望させ、不満にさせる」結果になっては、
一生懸命にはならないのです。

  • 一生懸命働きすぎて、疲れ果て・・
    帰宅した途端不機嫌、気配りもなくだらしない、会話もない、
    休みは一日ゴロゴロ寝ている。
    妻に伝わるものは何でしょうか?
  • 一生懸命家事をしすぎて、
    完璧を求め、子供の世話、家事を優先するあまり、
    夫とコミュニケーションとる時間、余裕もない。
    夫は妻と話したいと思っても、塾のお迎え?アイロンかけ?お皿洗い?

夫婦生活で大切なのは、
夫婦心と心が優しい気持ちでいられることなんです。
ほんの瞬間でも優しい気持ちがお互い通い合えば、
満たされた穏やかな夫婦でいられるんです。

優しい気持ちで接する、触れあう。
そのために自分をどうしていくか?

こんなふうに考えることしてほしいです。

優しい自分でいるために、私事ですが、
私は夫の予定を自分から聞かないことにしています。
「帰りは何時?」だとか「夕飯どうなの?」
問えば、確かでない少しいい加減な答えになるのでしょうね。

予定は狂うもの、ましてや相手の予定などわかりません。
だけど、頭では分かっていても、予定が狂うのは案外
イライラするんですね。
一番身近だからこそ融通のきかないことなんです。
甘えや思い込みでイライラするのは、自分自身嫌なものだから。

夫自身が言ったことだけ聞いていれば、
イライラすることなく、優しい気持ちでいられるんです。

結婚生活も長くなりましたが、こんな工夫をして、
日々バランスとっているのです。
夫婦問題で悩んでいるなら、まず無料相談してみませんか?
初回電話相談30分無料実施中!

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていただければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。