無料公開メール相談募集いたします!どうぞお寄せ下さい。

無料公開メール相談お寄せください。

募集時間  2月11日(月) 21時から22時
      1時間の募集時間ですので、お気を付けください

募集方法  メールにて受付いたします。
      件名 無料公開メール相談
      宛先 info@office-lien.com
      

年度末は、離婚要求される方が多くなる時期でもあります。
家庭、仕事など生活環境の変化に伴い、
区切りのつけやすい時期ということがあるのでしょう。

  • ブログで公開させていただきます。
  • ニックネーム
  • ご夫婦の年齢、職業、お子さんの年齢、結婚年数
  • ご相談内容は500文字程度にまとめていただき、
    何を聞きたいのか、明確にお書き下さい。

誠に申し訳ございません、ご了承くださいませ。
既存のご相談者様はご遠慮ください。
お寄せいただいた内容をもとに、解答させていただきます。
内容によりましては、解答できかねることもございます。
応募により順次の公開となりますので、
即時解答のご希望には沿えないこととなります。

そのままで解決に至ることはないのです。
深刻な状況になってしまう前に、
解決の糸口をみつけていきましょう。
いただいだ文面に対するアドバイスとなりますが、
解決に向けてのヒントになればとの思いです。
応援していきます。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


6 件のコメント

  • 正月を迎えたかと思ったら早くも、もう2月も中旬。
    年度末に向けて主人の威圧は更にありそうです。
    私は、先生のブログ・今までのコメント・℡相談内容のお浚いです。
    一喝!!お願いします

    • 1600&3105さま
      そうですね、ご主人が感情的になって1600&3105さんに向くこと
      考えられます。
      想定できるんですから、気持ちにも落ち着きや余裕があるでしょう。
      今までの気付き、行動、積み重ね、頑張ってきたもの。
      目標はしっかり貴方のなかにあります。
      いつも通り変わらない自分でいましょうよ。
      応援しています。

  • 昨日はお話を聞いて頂きありがとうございました。お陰さまで今日主人と息子と3人で過ごすことができました。
    朝は息子の鼻水の病院からスタートとなりましたが、ご飯を食べ動物園に行き、息子の玩具を買ったところで息子の熱が出始めた為別れました。
    明るく楽しくを心掛けましたが、主人から仕事の話をしてくれたり、帰りも笑顔で「またね」と言うことができました。
    先程、息子の解熱剤を自宅に置いてあった為取りに行ったのですが、主人は友達と遊んでいたにもかかわらず、急いで帰って来てくれたうえ、息子が食べれそうな物や飲み物を沢山買ってきてくれていました。
    今、実家に戻り、眠っている息子の顔を見て改めて頑張ろうと思いました。

    • りかさま
      お電話でお話した甲斐がありましたね。
      ご主人が話し、貴方が聞く!
      できたのですね、これからも沢山聞いて下さいね。

      お子さんも集団生活のなかで、
      慣れるまでは風邪ひいたり、熱を出したり、多くなりますもの、
      ママ頑張っていきましょう。

      りかさん、貴方の頑張る気持ち、
      ちゃんと聞きましたよ!
      応援しています。

  • 有難うございます
    少し元気でました。
    私に威圧を与える為でしょうか?
    主人の少しの行動に私の凹み部分が多くなりそう。
    威圧に耐えられなくなったその時は℡させていただきますので宜しくお願いします。

    • 1600&3105さま
      大きくで~んと構える貴方でいいんです。
      ベテランの奥様、大丈夫です。

      ご主人が気持ちよくいられるよう、しておきましょうね。
      自然にできれば、穏やかなご主人でしょうから。
      応援しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。