浮気の事実があっての現実、どう受け止め一歩踏み出しますか?

 いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

パートナーの不貞を心から許せる人はいません。
裏切り行為なのですもの。
パートナーの人間性に落胆し、
自分を否定されたことに絶望し、
夫婦関係の存続の不可を迷います。

パートナーの不貞問題から
離婚するための、または修復するためのご相談をお受けしています。

離婚しようの決断ならば、
悩みや迷いはこれからのスタートに向けてのことでしょう。
修復していこうと向かうならば、
現実を受け止め、乗り越える苦しさが、
自分を悩ませ迷わせます。

 

浮気の始まりから今までの経緯を、相手についての詳細を、
全て知りたい。
ほんの浮気心なのか・・本気なのか・・確かめたい。
浮気が発覚すれば、知りたい、確かめたい、当然のことです。
ですが、
言えば言うほど、後味は悪く、答えは結局護身となるものです。
その答えを
聞けば聞くほど、すっきりすることはなく、
考えれば考えるほど、こだわりは増すばかりとなるものです。

  • 浮気相手と別れなければ・・
    裏切り行為を謝らなければ・・
    信頼関係が回復できなければ・・
    パートナーを許さなければ・・
    夫婦修復できない、夫婦関係続けていかれない。
    こだわりの考えが更に自分を苦しめてしまいがちです。
  • 以前のように夫婦仲良く・・と願っても、
    こだわりの考えが更に方向性を見失わせてしまいがちです。
  • 今ある生活を保つことさえ難しく、夫婦関係を悪化させてしまう・・
    こだわりの考えではないでしょうか。

起きた事実、今ある現実、
どう一歩踏み出していきますか?

受け入れがたい事実を乗り越えるには、困難や苦しみがあります。
困難や苦しみだけで終わないものがあるから頑張れるものでもあります。
自分の力は勿論ですが、助け船や応援も力にできます。
みんな誰もがそう乗り越えているのです。

パートナーの不貞問題の悩み、
是非ご相談お寄せください。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


2 件のコメント

  • 先生お久しぶりです。ブログ、いつも励まされます^^
    主人との修復を歩んでいる最中ではありますが、なかなかに苦しいです。
    主人がついた嘘への不信感、いまだに解らない借金の使い道、同僚の女性に心ひかれている事実。
    でも、
    遅くなっても家でご飯をたべる。
    一緒に晩酌をして、話をしながら「おいしい」と言ってくれる。
    携帯を目につくところに置きっぱなしにしている。
    飲み会の日程と飲む相手を自分から話してくれる。
    休日は家族と過ごす。

    主人なりに、譲歩してくれているようです。

    わたしと2人で休日を過ごすことはまだ難しいようで、子供の居ない日は寝室へ行ってしまいます。
    きっと、時間がかかるのでしょうね。
    わたしが主人を心から信じられる日がまだ来ていないのと同じで。

    いつか、お互いの綱引きが終わって心から笑える日がくるといいなぁ。

    またお電話しますね。

    • OHさま
      コメントありがとうございます。

      夫婦修復へ向かった決意、揺らがないといいながらも
      不安な気持ちはあるものですね。
      穏やかに過ごしている毎日の中にも、
      裏腹な気持ちはどんなご夫婦にもあるものですね。
      積み重ねて今があるんです。
      放しがたい沢山のことです。
      心から笑える日を目指す力になっていくものでしょう。
      そうしながら他人の二人が一緒になって
      乗り越えるのでしょう。
      夫婦はみんなそう、頑張っているものです。
      時にはお話しましょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。