切羽つまった離婚問題・・始めて夫が言う「夫婦修復」に思うこと。

男性からの離婚問題解決のご相談をお受けして思うこと。
「切羽つまった!」「何とかしなくては!」と行き詰まった、
こんなケースが多いように思います。

妻から離婚の話をされていながらも、生活の中で感じていながらも、
「仕事のきりがつかなくて、向き合えなかった」
「家庭で過ごす時間が短いから、深刻に思わなかった」
そんな理由を話されます。

家庭にいる妻は、ずっと考えているんです。
不機嫌な顔だったり、行動だったりの無言の攻撃。
イライラがつのり、時に烈火のごとく言動の激しい攻撃。
いつまで経っても向き合おうとしない夫の態度に、
妻はやきもきし始め、冷静な判断を失っていきます。
」、最初言い出した時は迷いがあります。
愛していたこと、愛されていたこと、
幸せを感じていた日々、喜びに溢れた思いで。
天秤にかけても、壊せない家族の思いがたくさんあるんですもの。

冷静な判断ができない。
妻は追い込まれると、
第三者に相談し、「離婚したほうがいい」となり、
沈黙のなかで、離婚準備を始めることになっていくのです。

夫の対応一つで、好転し、夫婦修復できる可能性があるんです。
タイミングを外さないでほしいと思います。

  • 男性は我慢強いのでしょうか?
  • 「切羽つまって、何とかしなくちゃ!」
    その思いでようやく自発的に行動に移せるのでしょうか?
  • 「離婚回避、
    目的意識があれば、真剣に妻と向き合えるのでしょうか?

貴方のパートナーは女性なのです。
女性は合理的にできていません。

妻の持ち合わせている、
しなやかさ、優しさ、しとやかさ、素直さ、謙虚さ、凜とした強さ、
を大切に育てよう!
そのくらいの男気が必要です。
そんな素敵な妻に包まれている夫は、社会的にも認められることになるのです。
縁があって結ばれた夫婦ですもの、幸せの道を切り開いて欲しい、
そんな思いです。
気持ちを整理するにも、切羽詰まる前に対応しましょうね。
応援させていただいています。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。