深刻な夫婦喧嘩にしない!夫のサインをどう考えるかが大切なことです。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

夫婦喧嘩は犬も食わない。
耳にすれば、
どんな夫婦にもよくある喧嘩。
ただの口げんか。
コミュニケーションのやりとりのうち。
こんな思いで過ごしてしまうことも多々あります。

お互いの思いをぶつけ合い、
気持ちが理解できた・・よ。
勘違いだった・・ね。
気付くことがあれば、喧嘩もよし。
気持ちを言わない夫なのですもの、
確かめたくて、分からなくて、
複雑な心境の自分が納得できれば、尚更のこと。
互いの思いの丈のやりとりの場、それが喧嘩、
とある夫婦もいらっしゃるほどです。

普段通りに生活が進めば仲直り、なのですもの、
「ごめんなさい」の謝りは、仲直りのきっかけ、
「ごめんなさい」の言葉は、仲直りの儀式、
喧嘩回数が増すのと比例するかのごとくに、
仲直りの方法も習慣化するのかもしれません。

あの時は
お互い感情的、
言った言わない、しあった問答。
お互い様、
言われた、理不尽な悔しさ。
仲直りのぎこちなさもあって当たり前なのかもしれません。

相談者の皆さんからお聞きする軽い喧嘩」と「激しい大喧嘩」
仕分けしている方が多いのに、驚くこともしばしばです。

「離婚問題の原因は?」と問いかけに、
「性格の不一致」「価値観が違いすぎる」
御主人から言われたことをお話されます。
「夫婦喧嘩は多いのですか?」の問いかけに、
「普通に喧嘩はありました」「軽い喧嘩はよくしました」
お答えに意識のずれを感じ、お話を伺います。

聞きたくもない酷い言葉、
逃げるように去る態度、
信頼を失うような夫の言動は、怒りの感情を増幅させること。
そもそも、いつもと、過去から現在までの怒りの連鎖となること。
事の原因、始まりも終わりも関係ない、
夫の言動そのものを許せない怒りの感情が
「激しい大喧嘩」の引き金となっているようです。

先ずストップ!です。
御主人は喧嘩が嫌いなのです。
そして、
気持ちの話し合いが得意ではないのです。

酷い言葉で、
逃げるようにその場を去ることで、
貴方にダメージを与え、
もうストップ!としている御主人なのです。
それ以上、
追いかけてまで深追いしてはいけない瞬間です。
サインとして見極め、
「激しい大喧嘩」
引き金をひいてはなりません。

世の男性は、なかでも夫達は、
自分の気持ちを話すのが得意ではありません、好きではありません。
私達女性にとっては、寂しくもあり情けないことです。
「何故?」だか聞いても、
きっと上手に答えられず、
また答えを聞いても嬉しくはないほどでしょう。

恋愛時代に、
共にいる時を喜び、もっとこうしようと思いを現していた夫であっても、
好きだ、愛していると言っていた夫であっても、
結婚後の未来を上気した表情で語っていた夫であっても、
仕事場での、仲間達との関わりについても、意気揚々としていた夫であっても、

結婚後の生活では、
自分を表現する力が失われるのか、気力がなくなるのか・・
家庭を持つ責任から、
語ること伝えることのエネルギーが消耗してしまったのか、湧いてこないのか・・
飾らないことの安心と安堵を、
楽ちんと勘違いしているのか、怠けているのか・・
結婚前していたことなのに、なぜ?
その答えもまた
妻の想像でしかないことです。

何も思ってない、何も考えない御主人ではないのです。
だから、
傷つき、苦しみ、悩みます。
そして、
追い込まれた自分を嫌悪していくのです。
妻の想像できないほどの彼の思いです。

喧嘩でコミュニケーション、楽しくも嬉しくもないことですもの、
それでしか・・
じゃどうすれば・・
迷いながらも、できることは沢山あるはずですね。
「軽い喧嘩」はよしと思うのは、
自分だけのものでしかありません。

「いきなり主人が・・」
突きつける現実を悩む前に是非考えていきましょう。

時間が解決できないことはあります。
深刻にする前に、向き合わなくてはならないことです。
ぜひ、ご相談お寄せください。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。