夫の単身赴任について

こんにちは。
リアン夫婦相談室  齋藤紀子です。

桜の満開が待ち遠しいこのごろですが、
4月はお子さんの新入学、進学、新入社とお祝い行事があり、
家庭は、明るく、笑顔に溢れている
というみなさんが多くいらしゃいます。

しかし、突然の会社の辞令、ご主人の転勤の時期でもあるわけです。

一家揃っての異動ができなければ、ご主人だけが単身赴任先へ行くことになります。

妻は、夫不在のなか家庭の切り盛り、子育てに奮闘するわけですが、
悲しいことに、夫の単身赴任中に夫の浮気問題、離婚問題が起こるケースは少なくありません。

夫元気で留守がいい!
夫は子供じゃないんだから、一人で大丈夫!
子供の世話が大変でそれどころじゃない!
何かあれば、言ってくるだろう、帰ってくるだろう!

と、夫を心配しない妻の気持ち、
夫は疎外感、妻への嫌悪を持ち、寂しさを埋め合わせするものを求めてしまいます。
浮気をされ、離婚宣言され、妻はうろたえてしまうのです。
慌てて赴任先を訪ね、お世話しようとしても嫌がられ、拒否されてしまう。

深刻な状況の場合は、単身赴任は別居と同じなので、夫婦修復をのぞまれても、
大変な努力が必要になります。

夫が単身赴任となった場合、夫婦関係が良好でいられるようにすること、夫婦問題に発展しない予防が
肝心です。 夫婦によって様々、夫の性格によって様々ですが、一般的に言うと、
赴任先に子供と訪たら、
    土地を廻ったり、名産を食べたり、楽しい時間をつくる。
行かれなければ、電話、メールで、
    身体はどう?大丈夫?無理しないでくださいね!   
                                                夫の健康を気遣う
    子供とこんなふうにパパの話していたのよ!
    子供がこんな事ができた!こんな事をした!
            夫とのコミュニケーションを大切にする
    家族の為に働いてくれてありがとう! 
            夫に感謝の気持ちを伝える    
自宅に戻ったら、 
    決して家事を押しつけたりしないで、ゆっくり休んでもらう。  
            家庭が癒しの場である環境を作る
    好きな食事を作り喜んでもらう。
    家族で楽しい時間をつくる。
    夫に外出を強要しないで、夫の主導にまかせる。

夫の単身赴任により夫婦修復問題、離婚問題に悩んでいる相談者の方に、
改善に有効な対処をアドバイスをさせていただいております。

 

夫婦の絆をもう一度確かめたいすべてのひとへ
いつでもご相談下さい!
初回30分無料キャンペーン実施中!
お電話相談・ご予約はこちら→ 043-400-8143     
  Webでのご予約はこちらから→ご予約フォーム


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。