修復改善された方の具体策から学ぶ浮気解決法

「浮気相手と別れたようだ」
「夫婦関係が以前よりずっとよくなった」
と嬉しそうに報告して下さる方がいると、
こちらも本当に嬉しいものなのです。
今現在浮気問題で悩んでいる方。
夫婦関係に不安のある方。

冷静に心を整理し、「やっぱり夫婦やり直したい」と決心されたら
「実際改善されてきた方の具体策を学び、実践してみる」
ヒントとして紹介したいと思います。

改善された方の具体策は、みなさん共通されているように思います。

このことから、
浮気は人間のすること。
人のすること、考えは、想定外はあれども、さほど違いはない。
と思えるのです。

先ず、夫婦改善されてきた方は、

浮気を知ってどう思ったか?

  • 「夫に対して女であることの自覚が薄れていた」
  • 「自分にもいけないところがあった」
  • 「浮気されて、怒りも寂しさもあるが、自分に足りないものは何か
    考えた」
    と冷静に今の状況を分析し、把握されようとしています。

どう対応したのか?

[list style=”check”]
  • 今までセックスを拒んでいたが、受け入れた。
  • 彼の好きな食事を用意するようにした。
  • なるべく、さり気なく、彼に触れる機会を作った。
  • 「ありがとう」は必ず大きなゼスチャーで言うようにした。
  • 無理に会話はしないが、同じ空間、部屋で過ごすようにした。
    あれこれしているようにもとれますが、
    実は恋愛時代一生懸命やっていたことなんですね。
[/list]

浮気については話をしなかったが、
改善してきて最近になって、「辛かった」と伝えた。
発覚して、白状させたり、なぜ?なぜ?とは言っていないんです。
でも、「悲しませてしまった」という罪悪感を
彼に感じさせることができるのです。
いかがですか?
共通されている部分をあげてみました。

修復で一番大切な事もう一つ。
「自分ばっかり」「我慢している」と感情的になるのは禁物!
せっかく改善の兆しがあっても、逆戻りです。
なにがあっても「夫婦修復」すると信じて下さいね。
応援しています。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ にほんブログ村 家族ブログへ


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。