続く夫の浮気・・・挫折する修復の心の回復について。

いつもお読み下さりありがとうございます。

お正月休みが終わり、立て続けに同じようなご相談を
お受けしました。

  • 奥様より、
    主人はお正月休みを穏やかに家で過ごし、ホッとしていたのに、
    仕事と言って外出し、
    でも実は浮気相手と会っていたんです。
  • 女の勘であったり、
    いけないと思いつつも携帯をみてしまったり、
  • 「もうどうしていいのか?」
    「何もかも嫌になってしまいました・・」
  • 沢山泣いて話して、落ち着かれると、
    「やっぱり夫婦やり直したい」

    携帯をみてはいけない。
    問い詰めてはいけない。
    十分理解している、尚更悲しい、辛い・・

  • こんな気持ちのままであったら、
    ご主人に向ける顔の表情は、
    悲しみにくれた、そして疑いの思いなのでしょう。

以前からのご相談者様であったり、
初めてのご相談者様であったりですが、
ずっと、さんざん夫に問い詰めを繰り返した方がほとんど、
夫婦修復のプロセスから外れてしまった・・と
自分はダメなんだ・・と
悲しい辛い上に、悔やんでいます。

「自分はダメいけない。」
この思いは、全てにおいてマイナスの考えです。
「挫折する修復の心」回復を難しくさせてしまいます。

だってそうでしょう。
悲しみ辛さを癒す時間が短い、いや長い、
物事切り替えが早い、いやずっと引きずってしまう、
直ぐに実行できる、いや慎重に考えてから、
客観的に視野を広くみられる、いや目の前のことに一生懸命、
自分のこと深く考えるのが好き、いや嫌い
得手不得手もある、
長所短所もある、
人はそれぞれ、ダメな人なんていない。

「やっぱり夫婦やり直したい」
大切なのは、
後悔のない気持ち。
夫婦、自分の目標に向いていること。
そうでしょう!

そのために、
自分を元気に癒す時間があり、工夫があり、
自分なり改善すること、維持すること、努力すること、
あるのではないでしょうか?

浮気している夫の携帯の中、良いことは一つもない、
疑いのまなざし、夫婦関係に良いことは一つもない、
夫にぶつけても、良いことは一つもない、
解っていても、もやもやする、はっきりしない・・。

貴方のするべきこと、考えるべきこと、
明確にしていきます。
そして、サポートしていきます。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


6 件のコメント

  • 先日はありがとうございました。
    食事・弁当はいらないと言われてからも作っておりましたが、「食費・食材の無駄になるから作らないで。お願い」と言われました。
    自営業の手伝っている仕事もやらなくて良いと仕事が減り、自分ができることがどんどん減ってきています。挨拶も無視されるようになりました。
    それでも、今の自分にできることは、
    家事・育児・明るく優しく挨拶・一日1回のメール(子供の報告・労い・感謝)。
    一時保育に預けながら、仕事を少しずつ準備してみようと思います。
    先生、私のできること、的外れだったり、足りなかったりはないでしょうか?

    • M.Eさま
      お子さんの一時保育が可能な環境であれば、
      仕事の準備もいいでしょう。
      でもM.Eさん、
      毎日が緊張状態のようす、
      心が随分消耗してしまっているように、思います。
      ご自分を癒すことも考えて下さいね。
      貴方の心が元気でなければ、
      ご主人を受けとめていかれませんから。

      M.Eさんのご主人が、貴方に当たってしまうことは十分考えられます。
      一緒にいながら、距離をもって接する、
      今の私達夫婦はそんな時。そう客観的に・・大切です。
      頑張って乗り越えていきましょうね。
      応援しています。

  • そうなんです。まさに、毎日緊張状態なんです。
    何をしていても、夫のことが頭から離れず、「本当に嫌われている」と感じずにはいられない態度に、「前向きに」「ぶれずに」「必ず修復」と言い聞かせているけど、心は消耗状態なんだと思います。
    「距離をもって接する」そんな時期なんですよね、本当に。
    昨日帰宅してから、食事もお酒も自分の寝室でとるようになり、まさに「家庭内別居」状態です。いまは、そんな時期と受け止め、そっとしておきます。

    • M.Eさま
      夫のことが頭から離れない・・
      貴方にだっこされる息子さん、緊張してるのではないですか?
      安心させてあげなさい。

      今はそっとしておく。
      母のようにそっと見守る。
      妻は忙しいもの、時には母のようになったり、なのですものね!

      一つ乗り越えていきましょう。
      応援します。

  • ご無沙汰しております。
    あれからまた話し合いがあり、離婚したいと言われましたが、家にもなかなか帰ってこない中では納得できないと伝え、生活しています。

    今はMEさんの状況と男女は逆ですが似ていて、一緒にいてもまともに話すこともなく、ご飯もたまにしか一緒に食べていません。

    あいさつやメールも日に日にそっけなくなってきており、心を強くもつことの難しさを感じています。

    また相談にのってくださいね。

    • ANさま
      父親のような貴方の優しさ、奥様はどのくらい理解しているのでしょうか?
      妻というより自由奔放なお嬢さんのような奥様が、離婚したい・・
      妻としての自覚があった上での発言なのか心配に思ってしまいます。
      だだ自由にしたい。
      この思いであれば、
      夫婦のパートナーである貴方のやるべきこと、
      夫婦の未来、将来設計、予想図、どうなんでしょう、
      広い視野で考えていきましょうね。

      心元気でないと難しいことです。
      生活の中でストレスと溜めない工夫ですよ。

      心迷ったら、相談下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。