セックスについて考えます。今回は妻からのセックスレスの悩みについて。

男女の間に欠かせないセックスについて。

その方の性別、年齢、環境によってセックス問題の悩みも
いろいろです。
セックスの回数が少なくても、多くても、全くなくても、
夫婦二人が納得済みならいいわけでしょうが、
片側が不満なら、問題であり、悩みであり、
浮気や離婚になる原因となります。
私はセックス問題の専門家ではないので、
また自分自身を振り返っても、経験上の話もないので、
異性の本質的部分に確信を持てません。
ですから「ご主人セックスΟΟでしょう」と診断するようなことは
できません。

しかし、相談の夫婦問題、浮気問題にセックスの話は深刻です。

私の一方的見解かもしれず、反感を持たれるかもしれませんが、
セックス問題に悩んでいる方の解決の糸口になりたいと思っておりますので、
ご容赦下さいね。

今回は、妻からセックスレスの悩みを受けた話。

結婚当初のようなセックスある関係になりたい。
夫に女として求められない寂しさ、空しさ。
夫に不信と怒り。
抱えていることは辛いことです。

結婚すると妻は、子供を授かりたいと願い、
妊娠して、子供を出産、育児、母となる日を思います。
「同じくらい夫も望んでいる。」
セックスする日をチャンスを狙い計算、指定日となる。
「今日はいい日だからね。」とサインをする。
勿論アルコールは飲んだらダメ、食事はこれ!
迷信のようなアドバイスに必死になり、いい子を授かりたい・・

お気持ち本当によく解ります。

でも、夫と妻のセックスのとらえ方に違いがあるのです。
概ね男性の性は指定日に関係ないところに性欲は存在していて、
逆に日を設けられることに嫌悪感があるものです。
妻からの妊娠を望む露骨な誘いはレスに繋がる一つの要因かも
知れません。
最近、男性の性欲減少が社会的にも問題視されています。
取り巻く社会のストレス、男性の育ってきた環境が原因とも言われます。
妻の言動がストレスとなってはいけませんね。
恋愛、新婚時期幸せなセックスの時間を取り戻したいなら、
男性の性について理解してみませんか。
「男は安定したセックスを求めて結婚する」と仰る先生もいらしゃるように、
男性は、愛情は勿論ありつつも、
性欲→セックス→快感となるのかも・・ですね。

女性は、愛があって、愛を確かめ合って、セックスがあり、愛の喜び
となるわけです。
そこを愛されていたのです。

女として魅力ある貴方の部分を発揮することが、
問題改善の糸口となり、よいのではないでしょうか?
具体的には・・そうですね・・
年を重ねた私の出る幕はないくらい、今は情報にあふれていますね。
素敵な下着なんて・・ちょっぴり羨ましいほどです。

にほんブログ村 家族ブログへ
励みになります。
クリックお願いいたします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。