離婚回避について考える、失うばかりの自問自答を止めること?!

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

夫婦問題のなかでも、
離婚要求に対する回避は、とても苦しいものです。
日増しに頑なな離婚要求、
一つ屋根のなかで行われてしまうのですから、
食べることや寝ることは勿論、息をするのも苦しいほどです。

話し合い、わかり合う。
何をやっても理解を得られず、何を言っても伝わらず、
ほど遠い、夫婦の今の現状であれば、自分のなかで考えを深めていきます。
自分に問いかけば、離婚はしたくない・・
相手に否定されれば、自信がない・・
回避することも、修復することも、無理なのか・・
自己嫌悪、自己不信、その心で考えても、考えても、
結論や選択などできないことです。
でも、一日中頭一杯、胸一杯に考えるのです。
時間も体力も気力も失うだけ、問題の解決にはなりません。

考えすぎて、
決断のタイミングを逃し、決断できず、
考えすぎて、
間違った決断をしてしまう。
解決にむかうどころか、後悔の思いが残ることではないでしょうか。

後悔のない人生のために、
やみくもに自分への問いかけをやめてしまう。
答えを探さない、答えを出さない、
問題の解決へむかうために、
相手への返事をやめてしまう。
答えない、返さない。
答えがみえないのですもの、無理してはいけないことです。

「おれの気持ちは、絶対に変わることはない」
「なにがあっても、離婚する」
貴方はどう言葉を返すのでしょうか?
まずは、
「そうですね、変わらないことは分かります」
ここからではないでしょうか。

婚姻届けは、とても簡単な言わば紙切れ一枚のものですが、
制約があり、勿論保証もある、契約なのです。
簡単には離婚できない制度があるものです。

離婚、離婚と言われても、焦ってしまっては本末転倒、
しっかり、じっくり、腹を据えて、心して向き合っていきましょう。

話し合い、話し合い、結果夫婦関係が悪化してしまうことが多くあります。
ぜひ、ご相談およせください。

クリックしていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。