「謝らなくていい」と言う夫との離婚回避、夫婦修復をどう踏み出すか?

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

パートナーからの離婚宣言。
殆どの方が、
離婚を回避し、夫婦修復を望みます。

夫婦関係がぎくしゃくしていると思っても、
パートナの愛情を実感できていなくても、
生活に自分の愛情表現を意識していなくても、
「夫婦ってこんなもの・・」
「離婚宣言?・・」
「なんで? どうして?」
受けとめは曖昧なものでしょう。

こんな生活は・・
夫婦じゃない、家族じゃない・・自分じゃない。
この生活を・・
一生このまま・・そんな力は自分にない。
この生活から・・
やり直すには・・離婚しかない。

離婚宣言するパートナーの心模様でしたら、
「なんで?どうして?」
的確に納得できる答えは、得られないでしょう。
パートナーの曖昧な答えに、
なお曖昧な受けとめしかできないことでしょう。

曖昧なうけとめをしたまま、
、夫婦修復に向かってはなりません。
離婚回避したい、夫婦修復したいばかりの自分の気持ちで向かえば、
さらに困難な問題になってしまう危険があることです。

「なにが嫌だったの?」
具体的に示される事柄に、
思いあたれば、
感情的な喧嘩が多かった・・いつも感情的に言い過ぎた。
優しくなかった・・生活に流されできなくなっていた。
家事を押しつけていた・・やってくれて当たり前甘えていた。
束縛しすぎた・・知っていることが当然だと思いこんでいた。
お金の制限を強制した・・将来の為必要だと、感謝が足りなかった。
思いあたってよかった、
「反省して、謝って、許して貰って、改善していこう。」
「傷つけること、もう決して繰り返さない。」

「謝ってくれなくていい。」
「今までのことはもういい、これからのことなんだ。」
招いてしまう言葉かもしれません。

離婚宣言をされ、
自分で思いあたった事柄には、
自分のことばかり、残念ながらパートナーのことはありません。

パートナーは、どう思うのでしょうか?
逆に思うのかもしれません、
「そうね」
「まあいいか」
「ほどほどでいいのね」
としてこなかったのに、
「夫婦ってこんなもの・・」なんて、
曖昧だ。
・・と。

夫婦ってこんなもの・・
双方が同じことを同じように思える夫婦は素晴らしいことですね。
目指す私達は、
パートナーを意識して生活しなければならないことです。

離婚回避、夫婦修復は、夫婦でなくてはできません。
受けとめる今、一度違う視点から考えていきましょう。
深刻になる前に、どうぞご相談お寄せください。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。