離婚回避、夫婦修復必読!素敵な女性の改善を見直し修正するのは?

お知らせ
9月4日より9月9日まで
ご相談の受付、カウンセリングをお休みさせていただきます。
9月10日より
ご相談に対応させていただきますので、
何とぞよろしくお願いいたします。
いつもお読み下さりありがとうございます。

会社の仲間は勿論、上司や部下とも上手く関係を持ち、
お子さんを通じてのママ友とも友好な関係を持ち、
学生時代からの友人とも信頼関係を保っている。
そんな素敵な女性。

しかし家庭での妻としての顔は・・
夫を目の前にすると、イライラとした感情が湧いてきます。
「私は悪くない」「貴方がいけない」のですから、
悪気はないのでしょう。
夫が言葉を返すと、イライラとした感情が募ります。
「こんなことをした貴方だから」と過去の間違えが、いつもの切り札ですから、
何も言えない夫にするまで収束はないのでしょう。

こんな状態を続ければ、
夫婦関係が悪くなることだと、冷静に考えれば誰でも分かること。
それでも状態を続け、
夫婦関係が壊れることは、夫の問題なのですか?それとも妻の問題なのですか?

イライラとした感情を抑えられない、
イライラとした感情をぶつけてしまう。
そして、夫が何も言えなくなるまで止まらない。
この時既に、選んでいるのです。
「このまま夫を許したらいけない」
「きっと夫はいい気になって、増長する、つけ上がる」
「また私を嫌な思いにさせる」
御主人を傷つけることを、虐げることをです。

とても大切な人御主人なのですものね。
きっと悪いことをしている・・思いではないのでしょう。
しかし考え方が歪んでいる・・無意識で自覚はないのでしょう。
イライラとした感情をぶつけても晴れない心がある・・感じているでしょう。
御主人が専門家で、貴方の心を分析解明できるならいいのでしょうに、
殆どの御主人は離婚を決意してしまいます。
ボロボロに傷つき決意する離婚です。

離婚を決意した御主人に、避けたい離婚を望む妻なのです。
避けたい離婚・・
みんなの助言をカウンセラーのアドバイスを懸命に頑張ります。
しかし、
改善も虚しく、妻の心に考え方との摩擦ができはじめます。
心の中にやるせない思いが一杯になります。
期限付きの改善ではないのですから、苦しさが伴うことです、
頑張りたいのに、苦しくなって元通り・・
繰り返す人も少なくありません。

改善・・って御主人から言われた不満ではないことなのですね。
改善・・って「主人は嫌がるだけで分かってくれない」
      「幸せが分からない、晴れない気持ち」
そんな自分自身の考え方の改善なのではないでしょうか?

ご相談者のみなさんは、「幸せ」になりたい人ばかりです。
見えない「幸せ」、感じたことない「幸せ」に向けています。
生活のためと割り切った夫婦を選ぶ方も多いなか、
それではないと目指しています。
自分で導き出す力を身につけ、解決することで確実に強くなり、
救われていくのです。

先ずは、一歩踏み出し、向ける先変えてみませんか?

深刻になる前にご相談およせください。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。