離婚問題。回避したいのに深刻度を増してしまう「妻の自己流解釈」

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

離婚回避について、女性からのご相談が多くありました。
一言に離婚回避と言っても深刻度によって対応が違います。

相談者ご本人が、
状況を深刻度を把握できていないケースがあります。
言い換えれば、ご主人の離婚の意志、本気、覚悟、受け止めていない、
あくまで自分流の解釈でした。

それ以上の悪化を避けなければいけません。
現実の状況の理解をしなければなりません。
自分流の解釈であれば・・
離婚を回避し、夫婦修復にむかうことできないのです。

  • 家を出てしまわれ、どこにいるのか分からない。
  • 直接の話しを拒み、メール、電話も繋がらない。
  • キャッシュカード、通帳を渡すよう求められる。
  • 生活費のストップ、賃貸住宅の解約、生活の破綻行為をされる。
  • 購入した住宅の売却宣言を受ける。
  • 行政書士、弁護士に依頼、有利な離婚をしようとする。
  • 諦めたくない・・離婚したくない・・
    と言っても離婚を受けざるを得ない悲しい状況の場合もあります。

離婚したい」と言った夫を受け止めず、
「離婚したくない」と言うばかり、
「自分の価値観、思い」を訴える。
「絶対、離婚する」と憤慨し決めさせてしまうのです。

なんとかやり直したいのですもの、
ご主人が憤慨してしまうことに慌てて、
また訴える・・のですね。

「離婚したい」と言った夫、
帰ってきます。
食事します。
事務的ながら会話あります。
子供のことで関わりあります。

受け止めなくちゃ。

伝えなくちゃ。

貴方の受け止め方、伝え方、
一緒に考えていきます。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


1 個のコメント

  • 「合コン行っておいでワハハハハハ~」なんて笑って送り出し、「普段はお互い好きなことをしょう。でも纏まらなあかん時に纏まる夫婦で!!」等、元々オープンな関係だったが、こんな関係になってから依存・束縛等、主人を更に窮屈にしていたのですね
    「離婚」主人に対し
    「やり直したい」私。
    今回のブログを拝読して「お互いに表に出すぎてる」と思いました。
    え~ぃ。少し自棄クソにこうなったら「離婚したい気持ち分かりました」をチョットだけ表出しながら、本心は「やり直す」を裏面に切り替えようと思いますが如何でしょうか?
    主人の返事・会話はなくても構いません、妻として最低限の挨拶・家事をしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。