離婚問題の夫の苦しさ!「子供と離れたくない」切羽詰まった行動、言動はNGです。

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

夫婦修復を望み、夫婦再構築を目指し、
日々奮闘されている皆さんのサポートをしていくのは、カウンセラーの大切な努めであります。
胸の内、辛さや苦しさ、迷いや悩みをお聞きするだけではありません。
男性、女性問わず、年齢や結婚年数問わず、
夫婦問題に特定はなく、問題問わずであります。

ここのところ、男性からのご相談がとても多くなっていると実感しております。
初回20分無料とさせていただいる、リアン夫婦相談室です、
勤務中の合間の時間に、特に昼休みの時間帯に、集中してご相談をお寄せ頂くことが増えています。

残業が遅くまであるので、落ち着いて相談する時間がない。
家に帰ってからでは、家族がいるので相談できない。

八方ふさがりの様子が窺えて、
仕事にも集中できず、昼の食事も落ち着いてできない、
お話しを伺えば、
眠れていないようで、思考力が低下しているようで、
仕事に体に気持ちに影響が及んでいる、夫婦問題、離婚問題であります。

子供のことを愛している。
子供と離れたくない。
面会交流決めていても子供と会えなくなるのが心配で、離婚したくない。
妻が子供を抱え込み、父親としての気持ちを子供に伝えられない。
などなど。

お子さんがいるご夫婦の離婚問題は、
お子さんをめぐっても感情的な話し合いとなってしまいます。
どちらが引き取る・・
絶対に子供と離れて暮らしたくない・・
子供のために、家庭内別居仮面夫婦でいい・・

お子さんの年齢にもよりますが、
母親がお子さんを引き取ることは多く、法のもとでも認められているのが現状です。
離婚してしまえば、生活は別になります、
面会交流が決められていても、子供の成長につれて、故意でなくても、
決められた内容通りにいかないことも現状です。

お子さん当人は、何もわからないままなのではないでしょうか?
現状です、と受け入れられないのは、ご夫婦ではありません。
お子さん当人だということを忘れてはなりません。

だからこそ、離婚が成立しないため、何をしていくのか?
考えていきましょう。
結論を急いだり、
考えを押し付けたり、
焦って何度も話し合ったり、
深刻になってしまうばかりで、離婚成立に向いてしまう危機が高まります。

お相手の妻は、
何もわかってない、
自分のことばっかり、
もう絶対離婚する。
離婚成立のために、段階を進め、準備をしてしまうかもしれません。
離婚回避とは真逆の方向となってはなりません。

頑なな考えで進まず、一歩立ち止まってください。
どうしよう・・と
迷ったら、ぜひご相談をお寄せください。

初回20分無料相談
お受けしています。

(10:00〜20:00|年中無休)


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。