決断できない「離婚の迷い」をどう考えていきますか?

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

離婚の判断には、迷いがあって当然のことです。
離婚を切り出す方にしても、離婚を受け入れる方にしても、
双方に迷いはあります。
夫婦関係に終止符を打ち、新しい人生にこぎ出すにも、
相当の覚悟がいることであるし、
離婚を回避して、なんとかやり直す人生に軌道修正するにも、
気持ちをなだめることが我慢とも苦痛ともなるし、
一度しかない人生をどう判断するか・・
大切な分岐なのですから。

別れて後悔しないのか?
我慢することが大切なのか?
我慢がたりないのか?
心の中で葛藤を繰り返します。

今の夫婦関係を考えると、子供のことを考えると、経済的なことを考えると、
判らなくなってしまう。
どう生きていけばいいのか?
離婚の判断の迷いではない、
離婚の判断をしてはいけない、
自分の気持ちなのです。

別れる方がいい、
修復する方がいい、
判断する材料は、
現実の中に存在しています。
実生活の中に存在しています。
あんな所に・・こんな所に・・と、
ああだから・・こうだから・・と、
どれくらい判断材料が揃っているのか、
どれくらい見極めできたのか、
自分の気持ちとは別の、
箇条書きされた問題点なのでしょう。

離婚問題解決の話し合いをする以前に迷いがあるなら、
話し合いはしてはならないことです。

それでも、
決断した側から「離婚したい」と話をされてしまうでしょう。
離婚成立に向けて「離婚の同意」を求められてしまうでしょう。
「そうじゃない・・こうなの」と返せば、
感情的な話合いの始まりとなります。
怒りの感情をぶつけられることになります。
「そうじゃない」ではなく「そうですね・・そうなのね」
怒りの感情に変えてしまわないことはできます。
感情的に向き合っていいことは一つもないのですもの、
問題を過剰に大きくしてはなりません。

自らの判断に自信をもって進めなければ、
幸せとは思えないことです。
夫婦でいれば、
別れの危機、別れの機会は、大波小波のようにやってきますもの、
「今決めなくていい」危機、機会があっていいんですね。

貴方の離婚の迷い、どう考えていきますか?

安心して考えていかれることをお手伝いしていきます。
是非ご相談お寄せ下さい。

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。