「私に無関心、無反応」な夫と離婚、夫婦のピリオドを打つまえにしたいこと。

いつもお読み下さりありがとうございます。

離婚原因にはいろいろあります。
浮気問題、借金問題、さらには暴言、DV、
価値観の相違、性格の不一致。等々。

これらは、はっきりとした理由として、
パートナーがどう思うかは別ですが、
パートナーに伝わりやすい原因だと思います。

そのかたわらの伝わりにくい原因もあります。
親、子供、または世間一般にも認められにくい原因とも言えます。
「私に無関心、私に興味がない」
「私のしていること、言っていることに無反応」
結婚生活において、
このような状態でいれば、
このような思いでいたら、
「愛情のかけら一つも感じられない」
となってしまうほどのことなのです。

けんかも言い争いもないのですから、
ある意味、平穏な夫婦と言えるのかもしれませんが、
実は一番辛いことであろう・・と思います。

  • 誰からみても、
    手のかからないご主人ね!
    離婚だなんて!どうして?
    到底理解してはもらえず、我慢と折り合いの毎日なのです。
  • 当たり前の挨拶、
    「おはよう」「ただいま」「ごちそうさま」「おやすみ」
    会話とて、伝えるだけ、
    「お義母さんから電話あったわよ」
    「οοさんから頂き物あったわよ」
    返事は
    「ふーん」「へえ」だけ。
    妻の言動に、
    どこにだれと出掛けようが、家を空けて戻ったとしても、
    「うん」「おかえり」だけ。

存在を認められない。
一番苦しい気持ちであろう・・と思います。

人には喜怒哀楽の感情があります。
何も感じない、感じてもらえない・・なら、
悩み、離婚の選択をする道もあるのかもしれません。

しかし、そのまま離婚の道をいくのではなく、
伝える工夫してみませんか?
喜び、楽しさ。
自分を大切にするためにです。

喜び、楽しい時には、プラスの気持ち。
哀しみ、怒る時には、マイナスの気持ち。
傾き、揺れる気持ち感じてください。


決断するのは、それからでもいいのでは?
糸口となるものが見つけられることがあります。
一人で悩んでいないで下さい。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。