修復できるのでしょうか? その答えは貴方の心にあります。

男性、女性から夫婦修復のご相談をお受けする中で、
「修復できるのでしょうか?」
「修復は難しいのでしょうか?」
と聞かれること多くあります。

夫婦問題の深刻度、
同居か別居か家庭内別居か、
その方の性格や問題点の理解度、
相手の性格、
修復改善にかかる時間、期間、
ケース毎に違いがありますが、
修復の可能性は全てにおいてあるのです。
皆さん、「修復をしたいです!」なら、

「修復できるのでしょうか?」
「修復は難しいのでしょうか?」
自分の気持ち、疑問詞はつけないこと!
自分を認め、必ず修復する!と信じること!

とても大切なんです。
カウンセリングではそう思うことをお伝えしています。
修復を望んでいても、
夫婦問題はパートナーのあることですから、
頑ななまま、相手の気持ちが変わらないとなると、
不安に思ったり、焦ったり、可能性を疑ったり、
仕方ないことではあります。
でもその部分を乗り越えないといけないんです。
厳しく言えば、
可能性を疑問に思う貴方のままでは、修復は難しい。
となるんです。
「必ず修復する!」と信じることで、
修復の対策が理解でき、有効な手段として行動できる。
修復の可能性がぐっと高まるのですから。

何度も心折れそうな自分は、
カウンセリングで立て直していきましょうね。
私は、毎朝1時間のウォーキングを日課にしています。
現状それが精一杯ですが、
週末は休日のせいですね、大勢の人がジョギングしています。
みんなアスリートのようで・・とても格好よく、素敵です。
それぞれ音楽を聴きながら、もくもくと走っています。
自分の為なんです。
誰にも褒められなくても、認められなくても、
自分がやろうと決めて、やり続ける。
そこに意義があり、人として軸になるものです。

夫婦修復にも言えることではないでしょうか?

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。