こんなに多いの・・「嫁姑問題」どうしたらいいか? のこと。

夫婦相談をしていて、実感します。
嫁姑問題はまだまだ終わらないんだと・・

自分で嫁というより姑に近い年齢になり、考えると、
時代も人の考えも変わった、
「うちに嫁をもらう」「嫁に親戚付き合いを教える」
という一昔前の結婚の形ではなくなっている。
自分が姑になったら「」なんてないだろう・・
「嫁」「姑」なんて言葉いやだなあ・・
なんて考えは甘いようです。

離れていてもストレス、同居されていたらなお一層のストレス、
姑との関係にやりきれない妻が大勢いることで、
本当に終わらない問題と実感しています。

「非常識」という言動の姑さん、いるんです。
嫁が息子に言わせているんだ!
嫁のせいで、こうなる!
嫁は、してくれない!
どうやったら嫁をわからせることができるか?
嫁を躾るにはどうするか?

聞いていて悲しくなりますが、
この方たちもきっと若い頃ご苦労されたはずなんです。
でも、考えを変えることは無理なんでしょうね。
自分が間違っていても、認められないのです。
人のせいにして、人を否定することしかできないから・・
言動は酷いですが、とても弱い人なのですね。

一言、一言に心痛める妻、嫁、がいます。
幸せの転換はできるのではないかしら、貴方は強い人ですもの。
スティーブ.ジョブズが言っています、
「人生の時間は限られている!」と、
自分の人生の限られた時間、姑のことで傷つき、苦しむことに
時間を使ってほしくないと思っています。
貴方は姑と結婚したんじゃないものね。

なにより夫婦関係に影響するようになってほしくありません。

夫のみなさん、貴方の妻は大丈夫ですか?
貴方の言葉一つ、態度一つで、変わることご存じですか?

  1. 妻の味方です。
    心からの味方です、妻を選ぶ!の態度です。

    貴方の妻が愚妻で、味方したくない!・・でも味方です。
    味方をしていて、時間をかけて、妻が良妻になる解決を
    すればいいのですから、それは夫婦の問題です

  2. 「でも、できないこともあるんだよ」
    味方でいる貴方に言われたら、妻は「そうなの・・」
    理解できるんです。
    母親と妻、両方大切なはずだもの、揉めてほしくないですよね。

    妻に「お前とお袋の問題だろ、何とかしてくれよ!」なんて
    言っている夫がいるなら・・
    いずれ妻の溜まったストレスが爆発、
    手のつけようがなくなるでしょう。

そうならない為にも、肝に銘じて下さいね。

 

嫁姑問題に悩んでいるなら一緒に解決の道探してみましょう。
嫁のような、姑のような自分ですが、ずいぶん人生経験しました。
まだ勉強中です!

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
励みになります。
クリックしていただけけば、嬉しいです。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。