「修復の為に一生懸命夫に尽くしているんです!」がNGとなる2つの理由

夫婦修復の努力をされている方から、このようなご相談があります。

カウンセリングを受け、自分の至らなかったことに気付きました。
離婚問題回避して、もう一度やり直そうと決心したんです。
夫に愛されたい。
一生懸命夫に尽くしているんです。
料理も手を抜かず、お掃除もしっかりやり、夫の帰りを待っています。
でも、夫は冷たい態度のまま。
「今日はご飯いらない。遅くなるから寝ててくれ」とメールがきます。
やっぱりダメなんでしょうか?

確かに自分を反省され、努力していらしゃいます。
夫はどう思っているのでしょうか?
「愛されたい」はNG
夫は重いと感じてしまいます。
夫を愛している、必要である」自ら湧き出る夫への愛をみつめたら、
言葉を言わずに、自然と伝えることができるはず。

まるで出会った頃の優しい貴方ではないですか?
なんでもしてあげたい!って思ったでしょ。

「一生懸命尽くす」はNG
夫はしがみつき、依存と感じてしまいます。
修復中の妻は、夫の反応に敏感になり、一喜一憂を繰り返してしまいがち
です。夫に全神経が集中することは、夫は重いと感じます。
夫には、さりげなく、素直に伝える工夫をしましょう。
「夫にしてあげたい」と溢れるように思える自分になって・・

夫の帰りが遅い日は、子供を寝かせて一人の時間、疲れた顔してないで、
自分を精一杯磨きましょうよ。
ゆっくりお風呂に入って、マッサージしたりパックしたり、音楽聴いたり、
いい気持ちでいると、貴方の顔も穏やかになっているはず。
修復で大切なのは、
「修復して、幸せな夫婦になる」という目標を持つこと。
夫の反応にぶれない強い気持ちを持つこと。

自己満足の修復ではうまくいきませんね。
感情をコントロールするお手伝いができるようにサポートします.

 

<a hre <a href=”http://family.blogmura.com/” target=”_blank”><img src=”http://family.blogmura.com/img/family100_33.gif” width=”100″ height=”33″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 家族ブログへ” /></a><br /><a href=”http://family.blogmura.com/” target=”_blank”>にほんブログ村</a>


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。