夫の小遣い制をどう考えますか?

最新号AERAに
「小遣い制が経済をダメにする」という記事がありました。

*420名の調査のうち
 68%が小遣い制。40%がワンコイン500円ランチ。
別の調査では、
*500名のうち
 夫の月の小遣いが3万円未満は約50%
         2万円未満は約30%

不況の折、年収ダウンの影響を受け、やむを得ないことかも
しれませんが、
「節約を理由に夫の小遣いを絞りすぎることは、長い目でみると
 家計にとっても逆効果である。」
という専門家の方もいらしゃいます。

家計を預かる奥様はどう考えますか?

  1. 好きな趣味で息抜きできない
  2. 会社の人との付き合いを躊躇する
  3. 昼食代をうかす、立ち食いそば、ハンバーガー、牛丼
  4. 自分の人脈を広げられない
  5. 本を買わない、服を買わない、美容室に行かない

夫の見た目、感性、スキル、いかがでしょうか?

やはり誰でも人は、
視野を広げ、感性に磨きをかけ、能力をあげ、努力してこそ、
他人から頼りにされ、尊敬されるのではないでしょうか?
その結果として、社会的に認められ、出世していくのだと
思います。

リストラもやむなしの今のご時世、
夫の出世はそのまま家庭の幸せに繋がるのです。
家計を切り盛りしている奥様、
子供の将来の為のおけいこもいいですが、
幸せの為夫へ投資するのもいい考えかもしれませんね。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。