「夫婦でいる意味ない」嫌なことばかりの絶望・・追い込まず心の舵取りを!

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

「夫婦でいる意味」「一緒に生活する意味」やら、
「結婚生活を続ける価値」「家族でいる価値」やら、
意味がない・・価値があるのか・・と、
夫婦で言い合っていること自体が、もはや夫婦問題を深くしていくことなのだろうと思います。

夫婦だからこそ、夫婦でしかない、
安らぎ、癒され、満たされる空間がある。
安心で、穏やかで、清らかな時間がある。
それこそが「家庭」なのだから。

「家庭」の存在が、見えなくなり、感じなくなり、
「家庭」の意味や価値を見失えば、双方であれ、どちらか片方であれ、夫婦問題として露呈されていくのでしょう。

あるご相談者様は、
「嫌で嫌で、たまらない」
「楽しくない、苦しいだけ」
離婚したくても、離婚後の生活が経済的にもままならないからできなくて、
「顔もみたくないのに」
「同じ家に、同じ空間にいたくないのに」
さらに
「嫌で、嫌で、たまらない」
胸の内を話されます。

「嫌なこと」が「たまらなくて、苦しいこと」がひしひしと感じられます。
離婚せずに生活を続けることを考えれば、八方ふさがりな絶望であることも分かります。
「夫婦でいる意味がない」という夫婦の問題です。
向き合うきっかけは、あるのでしょうか?

「嫌なこと」は、ある意味漠然とした形ないものであると思います。
夫の何が嫌なのか?  
部分的なものだったり、全てだったり・・
キライで嫌なのか・・スキで嫌なのか・・
信じたいのに、信じられない不安なのか・・信じたくない、信じない嫌悪なのか・・
嫌なことは何なのか?
嫌な生活、嫌な家、嫌な家族、嫌な夫・・
夫婦でいること、離婚できないこと・・
良いことがないこと、たのしくないこと、幸せでないこと・・
嫌なことしかないこと・・
嫌なことばかり思うこと、考えること・・

八方ふさがりな絶望「嫌なこと」でも、
整理や仕分けによって、軽減されることはできます。
一つ一つ「嫌なこと」にも、
原因や経緯があって、ひとまとめではないことです。

相手に限らず、自分の内面をも覆ってしまった「嫌なこと」をどうしていくのか?
どうしていくのか?が、
胸の内の苦しさを変えていくきっかけになることかもしれません。
思うこと、考えることばかりの自分から変われることかもしれません。
整理しながら、仕分けしながら、話してみてください。
心の舵を取り直してみましょう。

モヤモヤとした気持ちは、不安から不満になりたがるものです。
ぜひ、追い込むことなく、ご相談お寄せ下さい。

初回20分無料相談
お受けしています。

(10:00〜20:00|年中無休)


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。