「気持ちが戻ることはない」とバランスを失った夫婦、その先を考える

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

幸せを一生共に分かち合える相手と巡り会い結婚するも、
幸せを感じる感度は、夫婦生活のなかで微妙に違うこともあります。
物に対する好き嫌いが違うし、
大切に思う物も違い、
こだわる事柄も違う。
なるほどと納得はできます。
微妙な違いを大きな違いにせず、
微妙な違いのままバランスを保つことが、
幸せを感じられる夫婦互いに・・なのかもしれません。

幸せを感じない。
愛情を感じない。
気持ちが冷めた。

ある日、突然言われる言葉は、
心に突き刺さり、ショックを受ける言葉です。
傷つき、うろたえ、
自分の気持ちとの大きな違いに途方にくれます。

ずっと前から。
これから先気持ちが戻ることはない。

追い打ちをかけるように、言われる言葉は、
言い切られ、放り出されたように、悲しい言葉です。
冷たく、厳しい、
進むところのない険しい道に途方にくれます。

お付き合いしているころの恋愛関係ならば、
ふった、ふられたと、
別れる理由になることでしょう。
しかし、
夫婦となった婚姻関係では、
ふった、ふられたと
別れる理由にはなりません。
途方にくれながらも、その先に進んでいくことになるものです。

夫婦生活のなかでの、
幸せを感じない。
愛情を感じない。
気持ちが冷めた。
そこには、
相手の感じ方なりの理由があります。
相手にとっての、
相手ならではの、
相手だからこその理由なのでしょう。
理由をわからずして、その先に進んでいくことはできません。

これから先気持ちが戻ることはない。
と言われても、
結婚生活は続いていきます。
離婚という選択をしない限り続いていきます。
気持ちがなくなっても、簡単に終わりにできないのが夫婦関係なのですね。
気持ちがない、気持ちがある・・
気持ち・・って
曖昧であやふやなもので、
適切に表す言葉もないほどです。
簡単に終われないほどの難しさが夫婦にはあります。
ですもの、
幸せを一生共に分かち合う相手ではなく、気持ちがさめている相手であっても、
続けていくなかで、
幸せを愛情を取り戻すことに可能性はあるのではないでしょうか。
言い換えることもできましょう。

簡単に終われない夫婦で、簡単に続けられない夫婦だから、
簡単ではない夫婦だもの、
進んでいく方向を見失うことなく、感情に流されることなく、
慎重に、
丁寧に、
大切に、
相手と自分のバランスをとっていかねばなりません。

愛している・・
どこがいけなかったの・・
どうしていけばいいの・・
ごめんなさい・・
直していく、改めていく・・
考え直して・・
もう一回・・

自分の気持ちを言葉にすれば、
大きな違いを露呈するばかり、大きな違いと深掘りするばかりの言葉として
相手に伝わってしまうなら、
簡単ではない夫婦の、その先に進むには、

今、自分の気持ちを言うまい!

覚悟もいることなのでしょう。

夫婦問題に悩む方は多くいらっしゃいます。
諦めることなく、まずはご相談ください。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。