「家庭内別居の末離婚の決断」確かに、そして悔いなく!

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

ゲームばかりしている夫
部屋には趣味のものを並べる夫
自分の部屋から出てこない夫
問いかけても曖昧な返事しかしない夫
会話にならない夫
いいも悪いもなく無関心な夫
家族団欒に加わることないだんまりの夫

自分中心
無関心
家族に思いやりがない

妻の夫に対する気持ちは離れていきます。
夫婦は次第に溝が深まり、心が通い合うことはなく、

家庭内別居の生活

無意味な結婚生活を悩み、

離婚したほうがいいのか?

妻の頭に浮かんだ「離婚」がスタートとしていきます。

そんなつもりでやってなかった・・

俺は口数が元々少なくて、うまく言うのが苦手で・・

妻は理解してくれているかと・・

妻に「離婚!」と言われ、
頭が真っ白になった夫は、振り返ってそう言いだし、
慌てて焦って、

「どうしよう・・」

「何をしたら・・」

家庭内別居の生活とは思っていない様子のご主人です。

夫婦カウンセリングでは、
家庭内別居の認識も
夫と妻では大きな違いがあるとわかります。

ゲームばかりしないで
話ぐらい聞いて
少しは子どもと関わって
黙っていないで答えて

妻が
お願いしたこと。
思いあまって攻めたこと。
怒ったこと。

夫は
聞こえていても、
ゲームが好きで熱中してしまう・・
攻められても、
自分の時間を大切にしたい・・
怒られても、
すぐに考えて答えられない・・

ご主人の言い訳する言葉が
私が子育てしていた当時、息子の言い訳言葉とどこか重なります。
そして、
いつまでもどこか変わらない男性ならではの本音が見えてきます。

楽しいからゲームを続け、
好きな部屋だからいるのが好きで、
めんどくさいことは考えない・・か後回し、
妻と一緒にいることが意味があることで、
妻が話してくれるからそれでよく、
妻が上手くやりくりしてくれ、それでよい、
無関心ではないが、関心は強くなく、
それでよし、一人よしとしている夫。

気が緩んだ、
横着な、
ずるくて、
怠け者。

結婚当初は違ったのですもの、
いつのまにか夫の変わりようなのでしょう。

不器用な人
無骨な人
シャイな人
人がいい人

夫の変わりようの危険度は高まります。
なぜなら、
妻の言葉や態度を察せず、
悩まず、困らず、
だからです。

夫の変わりよう、しっかり見極めてみてください。
「離婚」へのスタートは、見極めてからでも遅くありません。

無意識なだけの夫なのか・・
全くダメな夫なのか・・

今まで投げかけてきた言葉や態度が効果なくても、
また違う言葉や態度で、
夫婦が向き合えることはあります。
夫婦になった二人だから。

人生を変える「離婚」です。
ぜひぜひ、決断には様々な考えを持っていただきたく
応援していきます。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。