離婚危機はない!「別れたくない妻」に自分がなる5つのこと

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

出会い、愛し、愛され、一生を共にと誓いあう。
男女の恋愛において、
二人は最高の喜びの時。
そして夫婦となった結婚生活においても、
二人は最高の感激の時。
日常が日常でないような、
興奮した毎日。
両思いの醍醐味なのでしょう。

しかし一方、
人の脳が感じることとの
専門家の先生がおっしゃるとおり、
愛し、愛されの恋愛状態の脳をずっと保つことは難しく、
結婚当初の感激や興奮の状態の脳をも同様に難しい。
やがて、脳の状態は興奮冷めやり、落ち着きを取り戻す。
そうであると考えられます。
統計的に裏付けられているとおり、
脳の状態の変化後から離婚危機が高まると、
結婚年数5年未満の離婚件数が高い割合と、
なるほどと納得できます。

何もせずにいられない!
何かをしてこそ!
離婚危機とならないために!
なのではないでしょうか?

女性と生まれ、愛し愛されたのですもの、
妻となったからには、
永遠に愛されること。
夫にとって、
別れたくない、離したくない妻であること。
最大のテーマがあるのです。

チャンスは逃さないこと!
男性が、
夫が、
求める妻。
理解することが、大きなヒントになるものです。
 
心理学の先生にお話しいただいた
「夫にとっての妻」5箇条
考えることが、まずの一歩となりましょう。
であるならば・・
妻であるならば・・
5箇条のやることが見えてきます。
きっかけとなって、
さらなる一歩となって、
妻としての幸せをかみしめましょう。
  
1.尊敬してくれる妻
尊敬されることによって、
自分の価値や能力を確認でき、自尊心が満たされていく。
男性は夫は重要視する。
妻ならば、
敬う気持ちを言葉や態度、行動で表すことで伝えることができます。
心地よい言葉、
夫の好きなことを共有して楽しむ態度、
夫が優しさを感謝を感じる行動、
必要不可欠な妻となることです。

2.自立している妻
お互いに自立した夫婦でこそ、助け合い、補い合う関係が成立する。
一方が依存している状態は、パートナーとは言い難い。
男性は夫は成立した夫婦関係を望んでいる。
妻ならば、
「重い妻」「うっとうしい妻」と変わることを避けねばなりません。
なんでも「主人にお任せ」いつでも「夫婦で一緒に」・・
「かわいい妻」といつまでも思えない夫なのです。
夫婦となっても、
「一人で考えること」「一人で解決の道を探ること」を大切にする。
男性本来の思考を理解することで、
大切な存在の妻となることです。

3.教わり上手な妻
リーダ的な存在でいること、指導できる関係であること。
男性は夫は自身の存在価値に満たされる。
妻ならば、
聞き上手、教わり上手になることで表すことができます。
いちいち反論することなく、あいまいに聞き流すことなく、
相づちの言葉で表します。
「なるほどね」「たしかに」「ほんとそうね」「よかったわ」「ありがとう」
コミュニケーションを高めたい妻となることです。

4.ポジティブな妻
重圧にストレスを、精神的に落ち込みを、逆境の弱さはある。
男性は夫は強がる自分の限界には、大きな支えが必要となる。
妻ならば、
夫の弱気な言葉や虚ろな態度をくみ取ることができます。
女神のような笑顔で優しい母のような接し方で、伝えることができます。
「大丈夫よ」「貴方にはできるわ」「一緒に頑張ればいい」
分かってくれる、支えてくれる、夫の新たな力の原動力となります。
なくてはならない有り難い存在の妻となることです。

5.女性らしさを失わない妻
いつも身綺麗で、言葉遣いや所作に女らしさを感じる。
男性は夫は求める永遠の女性のテーマである。
妻ならば、
怠ることなく、無意識になることなく、
女性らしさを追求することで表すことができます。
外面ばかり気にする妻を、
子供に荒い言葉で態度で接する妻を、
幻滅するのです。
自慢の妻となることです。

「愛されている」
「守られている」から・・大丈夫。
ではないのですね。
「愛される」
「守られる」には・・妻となること。
なのでしょう。
妻としての自分の課題に向き合い、
幸せを手にいれていきましょう。
 


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。