夫が家事をすすんでやるようになる!

「貴方が休みの時には手伝ってほしいのに・・」
「家でゴロゴロ、土日休みの貴方はいいわよ!主婦には休みないのよ!」

このような不満を持っている主婦は多いのですが、
妻の不満が爆発、手伝わない夫を責め立てる。
休みの日は勿論、仕事から帰ってからも、強制的に手伝わせる。
  ゴミ捨て、買い物、食事の後片付け、子供を風呂にいれる、
  子供の塾のお迎え、などなど。
とうとう夫が限界、取り返しのつかない事態になってしまった・・
どうしたら良かったのでしょうか? 
気づきのきっかけとなり、良好な夫婦関係でいるために・・
夫が家事をすすんでやるようになる! ためのポイント

妻のNGは・・
 *怒った態度、不機嫌な態度
 *相手を非難、否定することは言わない
  「どうしてしないの?」「そのくらいやってくれたって、いいじゃない!」
  「そんな事もできないの!?」
 *家事を進める道具、家事のやり方について、妻の方法を押しつけない
  「食器洗うのは、これでやってね!」
  「頼んだものと違うわよ。いつも使ってないもの」
  「後は私がやるから!」

*夫が主導の家事があっていい
 男性は主導でいたいのです。家事だってそうです。
 夫は手伝い、ではなく、夫のサポートに妻がつく。
 例えば、お休みの日、食事を作る。メニューは夫が決める。
     段取りも夫が決める。
     妻は夫のサポート、言われた事を手伝う。
 妻の価値観、考え、方法と違って当然です。
 しかし、夫は工夫し、考え、研究し、オリジナルを目指します。
*妻の私にはかなわない!・・夫の優れた家事があっていい
 「ありがとう」手伝ってくれたら、助けてくれたら、だれもが言います。
 相手は、認められたと嬉しく思う。
 夫婦ならなおさらですね。
 「さすが!貴方ね!」「すごく、上手よ!」「私にはかなわないわ」
 優れていることは、必ず伝える。

見方を変えることで、
手伝わされている夫が・・不満ばっかり言っている妻が・・
違ってみえてきませんか?

お互いが理解しあい、思いを寄せれば、
家事分担は夫婦円満のためのコミュニケーションにつながるのです。

 
 
  
 
     
 
  
 
  


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。