「浮気、誤魔化し、嘘」から自分の道を選ぶ方と共に考えること

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。
 
夫婦の問題、夫婦喧嘩はうんざり、
毎日を穏やかに、楽しく過ごしていきたい。
夫婦関係を続けながらの生活、穏やかに楽しくか、
離婚して新たな道での生活、穏やかに楽しくか、
私達は、
一つきりの生き方ではなく、生き方を選ぶことができます。

愛する人、愛する家族との関わりであっても、
問題や摩擦、ストレスは生じてしまう、
こんな人だったと・・落胆したり、
こんな人生は無意味と・・失望したり、
傷ついていく自分に歯止めも効かず、
愛情はいつしか嫌悪、憎悪に変わり、
優しさや愛情に溢れていた自分をなくしてしまうほどです。
夫婦問題はそれほどまでに大きなものなのです。

夫婦を続ける限り大きくダメージがあるのなら、離婚を選ぶことでしょう、
選べずに、
離婚?再構築?と迷い、悩み、苦しむ時が最も辛い時です。
夫の浮気・・
夫の嘘・・
ありとあらゆる事に迷い、悩み、苦しむのですもの。

浮気相手と別れさせるための手段として、何を選ぶのか。
夫の気持ちを自分に向けさせるための策として、何をするのか。
許せない気持ち。
信じられない気持ち。
疑いの気持ち。
夫に対する自分の気持ちの向けようの納め方として、何があるのか。
手段や策、納め方は色々あるが、
定めることができず、迷い、悩み、苦しむのですもの。

浮気している夫の嘘は、夫の口から平然と出てくる。
辻褄の合わないことが、あちこちに納得できずにある。
「別れた」「会わない」の言葉にも、
「申し訳なかった」「悪かった」の言葉にも、
悪びれない態度、何事もなかったかのような言いぐさにも、
納得できることはない。
水面下で浮気を続ける周到な夫と相手に対し、
周到に対峙することができない。
「バカにされている」と感じる。
「みじめだ」と感じる。
苦しさから逃れることしか考えられない、衰弱する自分でしかありません。

間違えてはいけないことです。
「ばかにしよう」とはじまった浮気ではなく、
「みじめにしよう」と続ける浮気ではないことです。
浮気はいけないことと分かりながらも、
夫が自ら選んだのです。
「自分の好きなこと」を・・
咎められることと分かっているから、
夫が自ら嘘の言い訳をするのです。
「誤魔化せば大丈夫」と・・

子供が欲しい物を「みんな、全員持っているから」と、
夕飯の支度の手抜きを「出来合いの物じゃないのよ」と、
思い切って買った洋服を「バーゲンですっごく安かったから」と、
家計のやりくりを、
趣味のものを、
友人との付き合いを、
適当にサバ読み、誤魔化し、ことなかれとすませることがあります。
人を傷つけるほどの嘘ではなく、
「嘘つき」と言われないほどの嘘かもしれません。

夫も適当にサバ読み、誤魔化し、ことなかれとすませる嘘と、
しておきたいのでしょう。
自分に甘く、人の気持ちを分かろうとすることに軽く、
軽率な夫でしかありません。
夫の確かな一面に違いないことです。

衰弱することなかれ!
軽率になることなかれ!
軽率な夫の嘘に、
「嘘つき!」と軽率な反応をしても、
毎日を穏やかに、楽しく過ごしていきたい。
遠のくばかりとなってしまいます。
そう、
もっとふてぶてしく、
もっとたくましく、
もっとしなやかに、もっとしたたかに、
苦しさから逃れるのではなく、
苦しさを取り払うほどにです。

諦める離婚をしてはなりませんね、
諦めることなく進む道はありますもの。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。