遠慮ない夫婦が離婚の危機に!自分を正すスタート点で考えること。

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

夫婦問題、ましてや離婚問題、
さまざまなご夫婦に接するも、
別居を離婚を切り出す側は、パートナーを嫌悪してのことにつきます
なかには、自分勝手な言い分を押し通すケースはありますが、
原因があり、不平、不満、我慢のうちに、
パートナーを嫌悪する。
さまざまなご夫婦であっても、共通している状況であろうと思われます。

寄せられるご相談は、
「何とか回避して、もとの夫婦に戻りたい」
「嫌われているのは辛い、愛されたい」
別居、離婚を切り出す御主人の思いからすれば、
真逆の思いを寄せられます。
これもまた、共通している思いです。

パートナーに嫌われたいと思っていた人は、いません。
よかれとだったり、大丈夫だとだったり、
自分なりの考えがあってこその生活でしたから。
嫌われてしまうかも、の危機を感じていた人は、いません。
夫婦だから、家族だから、
あるべきことに、するべきことに、
自分なりに精一杯尽くしている生活でしたから。
しかし、
結婚して、遠慮がなくなった・・
と嫌悪されてしまった起因として挙げられることは、とても多くあります。

「結婚して遠慮がなくなる」
なるほどですし、当たり前のことです。
良い意味でも悪い意味でも、
「結婚」というものを分かり易く言い表していることだと思います。
結婚当初の緊張が解け、抑圧から解放され、
素の自分なのかもしれません。
素の自分をさらけ出すのが夫婦という説も理解はできますもの、
必要ではあるでしょう。
しかし、素の自分・・って知らず怠け者になってしまう自分なのです。
相手を楽しませることに気遣いはなくなり、
相手を喜ばせることの工夫もなくなり、
ましてや、相手を支えることの細やかな心もなくなる、
ほとほとの怠け者です。

もてなしの気持ちを、旺盛な精力的な盛りたてを、
私達は、いつでもどこでも喜び楽しみます。
昔でも現在でも変わらない、普遍の嬉しさです。
買い物、観劇、外食、宿泊、
どの場面においてもサービスに特化しているところを好みますもの、
私達は、
喜んだり、楽しんだりを感じて、幸せと思うのです。
夫婦生活を幸せか否か・・思う感覚も同じことでしょう。
一緒にいて楽しい、嬉しい、幸せの感覚なのでしょう。

「もとの夫婦に戻りたい、愛されたい」と、
焦れば、焦るだけ遠のいてしまいます。
なぜなのでしょう・・
原因があった、不平不満があった、我慢があった、
怠け者だった私・・
そこを改善し、私が変われば、解決できれば、大丈夫。
ではないからです。
御主人の苦しみや辛さ、悔しさ怒りは消えず、
大丈夫と思う妻を・・受け入れなくなってしまうからです。
「今の夫婦の関係からはじめるには」と、
受け入れるのは、私・・
怠け者だった自分を正していくスタート点がそこにあります。

職場の仲間と飲みにいく夫、
飲んでいる最中、夫に電話する妻。
「だれといるの?」「何時に帰るの?」
ささやかなボーナス、小遣いの使い道を思案する夫、
使い道を聞きたい、確かめたい妻。
「何を買うの?」「なんで?」「それ必要なの?」
暮れの忙しい家事、言われたことを手伝う夫、
違うやり方が気に入らず、やり直す妻。
「だから言ったのに」「もういい」

遠慮ない言葉・・どころか傷つける酷い言葉です。
お付き合いの頃、
職場の仲間と飲みにいく彼に
帰ったコールの電話、声が聞けて嬉しい思いは伝えていたはず。
ささやかな楽しみ、購入した趣味のものを興奮気味に嬉しそうに話す彼に、
こっちまで笑顔に、嬉しい気持ちは伝えていたはず。
多忙に追われる自分のために、手伝い気遣いしてくれる彼に、
してくれたことが嬉しくて、たくさんの有難うを伝えていたはず。
旺盛なサービス精神、リップサービスでもなく、
ごくごく自然な、普通のことだったはず。
自分の変わってしまった気持ちさえ、自覚がなければ、
怠け者程度は相当なものではないでしょうか。

自分を正していくスタート点、
そこからの自分のありかたを考えていきましょう。

悪化になることなく、
夫婦問題の解決を目指していきましょう。
ぜひご相談お寄せ下さい。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。