いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

誰もが幸せになりたいと思っています。
夫婦や家族があれば、なおさら。
幸せを願う気持ちは大きなものです。

男性から女性から多くの夫婦問題の相談をお受けしながらも、
幸せを願う気持ちは、強く感じられます。
しかし、
幸せを願っていながら、
幸せを感じるより楽な気持ちになりたがる、
自分は相手よりも正しい。
自分はより価値がある。
その思いで「よかった」と安心するのかもしれません。
そして、
止めない競争、
変えない被害者意識、
その思いで「優位だから大丈夫」と錯覚するのかもしれません。

私は正しくて、貴方は間違っている。
私の方が大変で、貴方は楽をしている。
私の方が忙しく、貴方は自分の時間がある。
常識的なのは、どちら。
子供にとって良い親は、どちら。
金銭感覚の正しいのは、どちら。
セックスの頻度として正しいのは、どちら。
すべてが争い、どれもが競争心なのでしょう。

ですもの、
こう謝らないのは悪い・・
また争いなのでしょう。

夫婦は対等であるべき。
相手をも尊重するべき。
十分に理解はできていても、
その表しはしない。
相手よりも正しい。
自分は勝っている。
優越でしかありません。
対等とはかけ離れた、支配やコントロールなのです。

幸せを願っても、遠ざかる幸せです。

本当に得たいものを、手に入れるため、
これから何をしていくのか?

幸せは願うばかりではなく、手にいれるものです。
願うだけでなく、
幸せを感じる心。
噛みしめ、
喜びとして表す心。
目を向けるのは、
相手への争いや競争心ではなく、
自分にあるのですね。

どちらが正しいのか悪いのか?
夫婦問題のカウンセリングで聞かれることもありますが、
ジャッジをするには、
大凡であり大まかな経緯であることが殆どに思います。
お話されることに、
思いこみや誤解があったり、
想像や妄想があったりだからです。

どうしていくのか?
どう解決に向けていくのか?
お役に立てるカウンセリングを心しております。
深刻になる前に是非ご相談お寄せ下さい。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

投稿者: 斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。