不貞夫と夫婦修復に迷う心、聞けばこそ「今」にこだわり伝えること

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

心が離れてしまった夫婦の修復には、
沢山の迷いがあるものです。

やり直そう・・心で思っていても、
過去の辛い出来事に心が引き戻されてしまう、
忘れようと、許そうと思いはあってもです。
夫の不貞行為を・・責めまいと思っていても、
問いただして、責めて、心が引き裂かれてしまう、
苦しみや葛藤が心を大きくしめているからです。

やり直したいのか、やり直したくないのか、分からない。
真逆の選択ですもの、考えあぐねてしまうのは当然ですね。

子供がいる、子供の幸せを考える、
信頼関係が大切、この先一生夫婦の信頼関係を不安に思う、
後悔しない、自身の結論を模索する、
大きな大きな、人生の選択です。
結婚の選択よりも大きな決断と言えるでしょう。

信じられないなら、今は信じなくてもいい、
許せないなら、今は許さなくてもいい、
決められなければ、今は決めなくてもいい、
無理なことは、今は無理しなくていい。
決断しなくても、迷っても、今はいいということではないでしょうか。

今・・
すること、できることは、
迷っている自分が迷わず進んでいくために。
無理なく進んでいくために。
よかったと悔いなく進んでいくために。
心の舵取りすることではないかと考えます。
 
夫婦間では、問題が起きれば相手の言葉が耳に残ります。
言われた言葉に、傷つき、悩み、苦しんだ言葉として
ずっと心に残ります。
言った事さえ覚えていない、相手の気持ちとは裏腹に、
今となったら、経緯や意味もおぼろげ、ましてや訳もない言葉に
心が揺さぶられてしまうのです。

ずっと残っている言葉に囚われているなら、
その囚われを無くしていくことからです。

問い詰めて、反省を促しても、
相手が謝っても、二度としないと誓っても
囚われは無くならないものかもしれません。
トラウマやフラッシュバックとして
心に居続けるのですもの。
相手の修復に向いた心でさえも、不安と不信で、
囚われから解き放されないのかもしれません。

 どんな意識を持っていきますか?
自分の心の舵を、自分で取る勇気が必要です。

相手の言葉や態度に苦しんだり、
自分の言葉がけや行動がわからなかったり、
つくづく他人なんだ・・と深く辛く苦しむよりは、
そもそも他人なんだ・・と今はいいとしてしまう。

自分に覆い被さる重荷や呵責、そして迷いは、
相手が言葉や態度を変えてもなくなるものではない、
 自分で振り落とすものなのだと思います。

 必ず本来の自分が見えてきますとも。

先ずは、囚われの心を仕分けしていきましょう。
考えなくてもいいこと、考えていくこと。
ぜひご相談お寄せ下さい。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。