夫婦問題、離婚問題渦中の妻が如何に「怖い夫」に対峙していくのか?

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

夫婦問題に、離婚問題に悩む相談者の皆さんは、
「御主人が怖い」と仰います。

穏やかな表情は消え、険しい顔。
うんざりとしたような、大きなため息。
挨拶さえもしない、無言。
妻の存在を感じないかのように、無関心。
部屋にひきこもり、全てを無視。
これでは、心の平静さはなくなります。

爆発の如く、キレる、怒鳴る。
不平不満をぶちまけ、許せないと拒絶。
出て行け、出て行く、と強硬に責める。
尋常ではない攻撃、全てを責め、追い込む。
これでは、精神の正常さはなくなります。

怖い夫から逃れることもままならず、ですもの、
夫婦問題、離婚問題の解決をいかにしようか・・
と考えることなどできないのでしょう。

何故こんなにも「怖い夫」なのでしょう・・

心の平静さや精神の正常さは、貴方の気持ちの受けとめなのですね。
「御主人の過敏な反応、言動」に、
バランスを失い、のまれて流され、心を刺され傷つく。
「御主人の過敏な反応、言動」を、
理解さえできず、対応できない。
自分の気持ちの受けとめに悩むだけでは、解決できない現実があるのです。
「怖い夫」に対峙していく方向にむかなければ、ならないのです。
「理解しない妻、対応しない妻」ならば、
もっと、さらに、爆発を続ける夫なのかもしれません。

誰にも相談する人がいない。
人に相談することができない。
相談せずに一人で考える、男性がとても多いものです。
考えては行き詰まり、追い込まれ、苦しみを伴い加熱されるものです。
相談の話のやりとりがあれば、苦しみの理解を得られ、
ほっとしたり、楽になったり、助かったり、冷却されるのに、
できないのが男性なのでしょう。
矛先が全て妻にむいてしまう・・
爆発的な感情を妻にぶつけてしまう・・
苦しみの理解を得られないのなら、
大人げないことでもお構いなし、
本来の俺自身でなくてもお構いなし、
感情をはき出して楽になりたい。
でも嫌な自分にイライラする。
マイナスのスパイラルにいる御主人なのですね。

そんな御主人なのです、
夫婦の距離を縮めようとする力を、距離を保つに変えて、
無言の御主人には、返事の要らない言葉に変えて、
無視する態度には、問いかけや確認の言葉で反応を導かないように変えて、
そんな御主人の
苦しみの理解にむけて、吐き出しの感情を冷却していくに変えて。

深刻で困難で苦しくて辛いことではあります。
しかし、
御主人の気持ちに対し、自分の気持ちをすり合わせても結論はない。
御主人の無視や追求に、自分を表しても結論はない。
気持ちや態度を返していいことはない・・のです。
かえって、
倍返し以上のもので過敏な反応をしてくることでしょう。
話合ってお互い歩み寄る、折り合いをつける時ではなく、
穏やかに冷却の時を得ることです。

私達の夫は男性なのですから、
男としてのプライドもありましょう、
男として譲れないこともありましょう、
尊重すればいい。
夫婦でいれば、
私達妻の女としてのプライド、譲れないこと示す時はあろうはず、
その時尊重していただけるよう、今は・・。それもいい。
どうしたいのか?・・によって自身の思いは、変えられるものです。
変えられるきっかけは、必ずありますもの。

深刻にせずに、是非ご相談ください。

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

No tags for this post.

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。