子供を不幸にする結婚生活

こんにちは
リアン夫婦相談室  齋藤紀子です。

夫婦問題のご相談は、
お子さんのいる方、いない方によっても様々、
お子さんの年齢によっても様々です。

子供の年齢に関係なく、
夫婦の信頼関係が壊れてしまった状況での結婚生活は、
二人の間に生まれた子供の人生に影響を与えます。

結婚したけれど、うまくいかなかった・・・ではすまないのです。

「好きだ!」「愛している!」「幸せになろう!」と結婚し、
いざ生活していると、不平や不満、
「あんなに優しかった夫が身勝手で、こんな人とは思わなかった」
「女らしく物わかりのよかった妻が可愛げもなく我が儘で、養う気持ちにならない」
と、夫婦の気持ちが変わってしまう。
恋愛時代では、自分を精一杯よくみせようと努力したのに、
結婚生活では、お互いに幸せになるための努力をしなくなり、
そのままの自分がでてくるからです。

子供は、
両親をどう思うのでしょうか?
そういった状況をどのように受け止め、生活するのでしょうか?

子供は、お父さんのこともお母さんのことも同じに愛しています。
子供は、お父さんのこともお母さんのことも同じに必要なのです。
不幸にも、
どちらかと暮らさなくてはいけない事情になってしまったり・・・
どちらかの味方をしてしまうような状況になり、相手を怒り、憎んでしまったり・・・
子供は傷つき、心を痛めます。  

夫婦が信頼関係を築く努力をして、現在、未来の幸せを共有できてこそ、
子供は、穏やかに、安心して、成長します。
    夢を持ち優れた才能も発揮できます。 
子供には、素晴らしい将来があります。    
    
夫婦問題に悩んでいる方
いつでもご相談下さい。
初回30分無料キャンペーン実施中!
    


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。