夫婦問題の気持ちよく納得できる結論・・夫婦の話し合いの工夫は?

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

夫婦でいれば、
楽しく穏やかな日々ばかりではありません。
話し合いから、言い争いへ、感情的なぶつかりあいに、
考えの違い、一致しない気持ちのずれ、
理解し難いことに直面することもままあります。

そんなことなら話さなければよかった・・
聞いても無駄なことだった・・
夫に対する不満が消えない、不信感がつのっていくものです。

夫婦でいれば、話し合って決めていくことは幾つもあります。
大型家電買い換えるか否か?
今年の年末は帰省をどうするか?
子供の進路は親としてどう考えていくか?
保険、貯蓄、ローン返済、見直しはどうしていくか?
他様々な場面で、結論をだす必要性があるのですもの、
話合って、
自分の考えを伝えて、
相手の考えを確認して、
結論を導く。
お互いが気持ちよく納得できる結論のためにです。

お互いが気持ちよく納得できる結論・・
そのための話し合いには、工夫が大切なことです。

男性から見れば、
私達女性は
「話し合いが好き」
「質問が多い」
「言葉が早い」
「話が止まらない」
こんな見解でいるのですから、尚更のことです。

自分の考えが勿論あってのことなんだもの、
賛成してほしいのか?
相手の考えを理解して結論づけしたいんだもの、
教えてほしいのか?
夫にかける言葉は違うものです。

賛成してほしいならば、
「話を聞いてもらってよかった」
考えを教えてほしいならば、
「話を聞かせてもらえたら助かる」
会話の合いの手は、言葉の工夫です。

「どう思ってるの?」
「どうなの?」
前後の言葉の掛け合いからすれば、答えにくい質問です。
返事を聞きたいとは思えない質問に、
タイミングを合わせた返事ができない、したくないもの。
しばしのだんまり・・歯切れの悪い返事。
質問に警戒し・・無関心や逆ギレの嫌悪の態度。

話の内容は具体的に、
話のリズムは自分本位にならないよう、
会話の間合いは、話し方の工夫です。

いつも一方的に言われっぱなし・・
いつも答えない何の反応もない・・
イライラにつながる感情ですね。

話合いには、お互いの言葉の割合が等しいくらいを心がけると、
いいのでしょう。
そのために、どう工夫していくのか?
気持ちよく納得できる結論は、私達夫婦にとって大切で貴重なもの。
きっとよかれのことに違いないもの。

夫婦関係を悪化せず、改善に向ける方法はあります。
是非、ご相談お寄せください。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。