幸せ一杯結婚した夫婦の躓きは、二人のセックス、時間、お金?夫婦だから考えよう。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

幸せ溢れる恋愛期間を経て、結婚したのに・・
夫婦としての生活を始めたばかりなのに・・
残念なことに夫婦の危機はあるものです。
こんなことになるのなら、
恋人同士でいた方がよかった・・
と言う方も少なくないものです。

結婚したらセックスレス・・
子供はほしい、
しばらくは二人の生活を、
将来の考えがあるほど、セックスが子作りのためと変化してしまう。
共稼ぎで双方忙しいから、いいタイミングで、
子供がほしいと思ったときが、一番良いとき、
生活の多忙さと夫婦の希薄さで、求めずや拒むセックスと変化してしまう。
「私達の子供、こんな子だったら嬉しいね」
「子供が生まれたら、こんなふうなのかしら」
家庭を築いているのだ、との表現もありなのでしょう。

結婚したら自分の時間か二人の時間か・・
新婚、恋人同士とは違い生活となれば、
炊事、洗濯、掃除、今までの倍二人分となるのは当然で、
恋愛時代の甘い時間を削り費やすことでしょう。
家事は二人の仕事と割り切れば、
「やったかやってないか、いつやるか、どうやるか」
「有難う」の言葉より、チェックや指示の言葉が出てしまう。
家事は妻の仕事と割り切れば、
自分の時間を削り費やす妻、
自分の時間は自由時間の夫、
「じゃあ、私の自由時間は?」
「二人で楽しむ時間は?」
「有難う」の言葉より、嘆きやストレスの言葉が出てしまう。
夫婦生活は子供がいない自由を満喫する生活ではないのです。
「手作り頑張ったね」
「綺麗にやってくれたね」
家庭を支えているのだ、との意識もありなのでしょう。

結婚したら節約か浪費か・・
貯蓄を重んじれば節約あるのみです。
生活に必要な経費は支出でも、それ以外は浪費。
ゆとりを重んじれば経費の枠は広がります。
生活に必要な経費は折半でも、それ以外は自由な金銭。
何のための節約、
ゆとりある生活の意義は、
浪費とは、
解釈の誤差は当たり前なのです。
「合わせていこう」より「自分の自由だ」になってしまえば、
夫婦となってよかった、との喜び実感できずなのでしょう。

最高の幸せを感じられるはずなのに、どんどん遠ざかる。
どうしてなの?
どう思っているの?
こうじゃだめなの?
なぜ?
聞いても解決できる答えが返ってこない・・
同じく相手も思っているからなのです。

夫婦間のセックス、時間やお金の使い方、
順調に円満に過ごせることもある反面、
お手本や見本がないのですから、
躓けば立て直す方法も見つからないこともあるものです。

夫婦関係はシーソーみたいなものかと思います。
バランスを取ったり、保ったり、
声をかけたり、答えたり、
力も同じくと意識して、力を抜いたり、力を込めたり、
相手に合わせようとしますでしょう・・

必ず、出来ていたことです。
だから結婚したのですものね。

夫婦立て直す、見つからない方法を応援していきます。
通用しないなら自分本位な考えでは?
夫婦関係の悪化となることです。
是非、ご相談お寄せ下さい。

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


2 件のコメント

  • 先生、お久しぶりです。ブログ、いつも拝見しています。
    一時は離婚を考え、お互いを見つめなおした2人でしたが、今では将来2人で過ごしていく夢を一緒に語れるようにまでなりました。
    その幸せは、わたしが主人に依存していては得られなかったものだとしみじみ思います。
    男性も女性も関係なく、人とは支えて欲しいものなのですね。
    結婚をしたことで主人を支えているつもりになっていましたが、やはりそう甘くはなく、人1人を支えるためには、自分が自分の足でしっかり立たねば無理なのだって、ようやく気がつきました。
    それに気づいて、やっと夫婦が修復に向かい始めました。
    先生に言われたこと、素直に気持ちを伝えることやお料理をがんばること。
    出来ない時もあるけれど、以前よりは進歩したと思います^^
    先生に出会えてよかったです。ブログ、これからも楽しみにしています。

    • OHさま
      嬉しいコメントありがとうございます。
      本当によく頑張って修復されましたね。
      諦めない気持ち、素直に理解する力、全て貴方の成長に思います。
      これからも穏やかな毎日過ごしてください。
      私も励みにしていきます。
      今後ともよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。