夫婦の危機「一緒にいる意味?」生活を意識で乗り越える!

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

結婚生活、夫婦でいるからこその喜びを感じられないと、
一緒にいる意味が分からない。
そんな夫婦の危機を感じる思いがあるものです。
共稼ぎの夫婦が直面しがちな問題とも言えるようです。
生活の改善、お互いの意識の改善をしていかないと、
突然の離婚問題に発展しかねないことです。

社会でも女性の活躍を期待する世の中です。
家庭でも経済的な効果もあり、生活に潤いを、
個人でも働くことで生き生きと、自分らしさを、
良いことではありましょうに、
結婚生活に反映されず、夫婦の問題になってしまうこと、
残念な思いです。

平日の朝は出勤で忙しくバタバタと、
平日の夜は帰宅が不規則割り切って別々に夕食、
顔を合わせる時間は少なく、
会話はわずかな時間事務的なことを端的に、
休日は外出のまま外食で済ませ、
家事は分担、
家計の支払い返済は出し合い、他は各自が管理、

寝ている貴方しか見ていないのです。
疲れ切っている貴方しか感じられないのです。
お互いさまですね、
寝てばかりいる御主人であり、
疲れ切っている御主人であるでしょう。

「疲れているだろうから・・」
「大変だろうから・・」
「頑張っているから・・」
労いの気持ちも失われてしまう夫と妻。
労いの言葉を待てどもない夫と妻。
なのでしょう。

夫婦の時間、夫婦の会話大切なのですね。
何のために私達夫婦が頑張っているのか・・
こんなに良いことがあるから・・
これもあれもできそうだね・・

共稼ぎならでこその、夫婦生活の喜びがあるのですね。
家庭と仕事の両立は大変だったね・・
こんなに頑張れたね・・
甲斐があったね・・
もう少し頑張ってみようか・・

一生懸命仕事をこなし、家事の分担をこなし・・
できなくていいときもあります。
できなければ「ごめんなさい」でいい。

夫婦の会話を時間を大切にすれば・・
しなくていときもあります。
しなければ「ありがとう」でいい。

ご相談者の張り詰めた思いに、
何かのお力になりたいと思います。
ぜひご相談お寄せください。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。