思いやりと優しさの言葉を「見えない負」とする夫婦の関係に必要なこと。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

離婚問題、浮気問題、だけではなく、
金銭問題、子育て問題、嫁姑問題等々、
夫婦関係を続けていく上での問題は沢山あります。
あるのが当然・・分かっています。
乗り越えていくもの・・分かっています。
分かって結婚したのですもの。

しかし、
問題を乗り越えることは、難しくて辛くて、傷つくことが多く、
問題を乗り越えたと、実感や感動もなく、もどかしいことが多い。
そう、
透明でピュア、すっきりあっさりではなく、
なんとなくと曖昧で、心の線引きのできないままのこと。
結婚生活、幸せの裏返しの「見えない負」かもしれません。

  • 仕事が猛烈に忙しく、帰宅は深夜、休日出勤。
    疲れで顔色は悪く、ストレスで口数は少ない。
  • 足取りの重い夫を見送れば、
    励ましたり、労ったり、マッサージを施したり、好物でもてなしたり・・
    思いやりの優しい気持ちです。
  • 辛いのだろうか・・
    調整できないのだろうか・
    体調を崩したら・・
    精神的に追い詰められて、うつになったら・・
    心配です。
    プライベートの付き合いも断らず、
    早く帰ると言いながらも、
    帰れず、帰らず。
    更に人に振り回されている・・
    不安です。
  • 心配だから、話してみたい、聞いてみたい。
    好きな仕事なのに辛そうに、悩んでいるんじゃない・・
    身体を考えて仕事量調整した方が、引き受けすぎじゃない・・
    「無理しないで!大変にしないで!」
    「とてもとても心配しているの。」
    「何でも話してくれていいの。」
    思いやりの優しい言葉です。・・とは受け取らない御主人なのです。

何事にも一生懸命、手を抜くことがない、仕事もしかり。
今までの生き方です。
ほどほどでは、納得されず、認められず、ほめられず、
もっともっと、やらないと、していないと、ダメなんだ。
人の評価をもって、自分自身を判断してきたのでしょうか。
真面目、熱心、正しい、向上心プラス志向でしょうか。
「とてもとても心配」では・・
「話してくれていい」では・・
安心できず、嬉しさや安らぎを表現できない、
「見えない負」となる御主人なのです。

人にはよく思われたいもの、
人からよく思われたい思考が強ければ、
心配の言葉は案外心に響かず、
心配かけている自分の評価すら落ち込むのかもしれませんね。

慎重で失敗することを恐れますもの、
あらゆることを想定し、考える思考が強ければ、
心配の言葉は事実よりも深めた自分の想像部分が多く、
心配しているより想定外を警戒する自分の防御なのかもしれませんね。

せっかくの貴方の思い、「見えない負」にしてしまってはいけません。
大丈夫そうでよかった。
話してくれなくても、分かっているよ。
そう伝わればいいことですね。
心は身体と一緒です。
緊張で凝り固まってしまえば、ほぐすことが大切です。
応援させていただきます!
ぜひ一人で悩まず、お話ください。

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


4 件のコメント

  • 先生、こんにちは^^
    おっしゃる通り、うちの主人も何かを抱えている時は話しません。
    子供の居る時は気を使って一緒に居てくれますが、わたしと2人の時は自室で過ごしています。それで良いと思ってます。
    以前なら追いかけて行って根掘り葉掘り訊いたと思いますが、今はだいぶ待てるようになってきましたよ。
    わたしはわたしで趣味に仕事に、忙しく過ごしています。
    それでいいんですよね。

    • OHさま
      コメントありがとうございます。
      趣味に仕事に忙しく、
      尚妻として母として自信がついてきたようですね。
      とても嬉しく思います。
      待てるというより、それは夫婦の間なんですもの、
      しなやかで、したたかで、いきましょうね。
      お身体気をつけて!

  • 昨日はありがとうございました。
    帰宅後、早速朝の「財布事件」について切り出されました。
    「嫌われたら(別れを)納得してもらえると思って…わざとした。使う予定なんてない」と言われたので、「言ってること、よくわかったよ」と返し、「嫌いになった?」の問いには答えませんでした。昨日は話の流れで渡せなかったので、今朝アドバイス通りの手紙を渡して見送るとすぐに連絡がきて、先生が予測してくださった通り、『いつまで?俺の気持ちは変わらないと思うけど』とのことでした。あまりに予想通りで、思わず笑ってしまいました^ ^
    でも、変わらない、ではなく、変わらないと思う、の『思う』に持ち前のプラス思考が反応。また、ここ一ヶ月ずっと『あなた』と呼ばれていたのに今朝は名前で呼んでくれたんです。
    まだ、状況はなにも変わっていません。でも、私の気持ちは穏やかで落ち着いています。やるべきこと、やってはいけないこと、今はわかります。焦らず、丁寧に。昨日のアドバイスも、レポート用紙に書き起こしました。
    電話を切る前の、先生の「大丈夫よ」の言葉が今の励みです。
    ありがとうございました。

    • yamaさま
      コメントありがとうございます。
      気持ちが落ち着かれたとのこと、本当によかったです。
      お話の中、自分自身のことも明確に理解されている貴方でした。
      早速御主人に今までと違う対応ができたこともすごいじゃないですか。
      本来のプラス思考、自分に向けていきましょうね。
      御主人の反応に緊張せずです。
      応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。