「報われない努力」と夫婦修復を嘆く妻の皆さんの気持ち仕分けします!

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

「修復しようと、努力していることが報われない」と嘆き、
「修復のための、努力を続けられない」と途切れ、
挫折しかける修復の気持ちの妻の皆さんをサポートしています。
やめてしまえば、夫婦関係が終わる危機なんですもの、
後悔してほしくない、思いです。

私達はだれでも、
頑張れば頑張るほど、成果として表れることを期待しますし、
成果が表れば、尚精進します。
夫婦関係の修復だって、
夫が分かってくれれば、
夫が拒否しないでいてくれれば、
悩まず、苦しまず、修復の努力を続けられるものなのに・・ですね。

  • 皆さんは
    一生懸命の思いでされています。
  • しかし、無意識のうちにも、
    努力している全てのことを、夫に向けてのことになりがちなのです。
    至らなかった・・と反省し改善。
    自分中心だった・・と考え方の変化改善。
    これらは、実は自分のことなんですね。
    言わば、自分に向けての努力なんです。
  • その努力について、
    夫に認めてもらえれば、夫に分かってもらえれば、と嘆くことではないのです。
  • 「よく頑張れているな」
    「ちょっと無理しているな」
    「穏やかでいられるな」
    「考え方を変えたら、感じ方も違うのね」
    褒めるもよし、励ますもよし、喜ぶもよし、諫めるもよし、
    自分で認めて分かればいいのです。

夫に向けての夫婦修復は、別ものではないですか?
ご主人が
喜ばなくては意味ないもの。
夫婦関係を見直すきっかけでなくては意味ないもの。
警戒することなく安心して奥様とふれあうことにならなくては意味ないもの。
この努力こそが報いを感じたいことなのです。

仕分けしていきますね。
一生懸命の気持ち。嘆く気持ち。報いを喜ぶ気持ち。
きっとまた気付きのきっかけとなることでしょう。

途切れてしまいそうな修復の努力、是非お話下さい。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


4 件のコメント

  • まさに今の私ですね。自分の改善を相手に認めてもらいたい。別居も一年になりそうで焦ってる自分がいました。彼が全く変わってくれない。修復ではなく離婚の意思が頑な。折れそうです。別居により連絡もこちらからは、お給料日に感謝のメール。向こうからは、何も連絡が来ない。どうにもこうにも身動きができません。連絡すれば警戒され、連絡しなければ無関心です

    • tさま
      コメントありがとうございます。
      別居生活が一年と焦る気持ち、よくわかります。
      離婚の意志が頑ななのに、生活費をきちんと渡すご主人に誠意は感じられます。
      ご主人が警戒してしまう・・のは、
      別居生活の焦りだけでなく、ご主人が変わらないことへの苛立ち、
      ご主人へ向けるtさんの言動のなかに入ってしまっているのでしょうか・・心配です。
      高圧的に離婚要求をどんどんされているのではないのですもの、
      自分を整えるチャンスはあるはずですね。
      諦めなくていいじゃないですか!
      応援しています。

  • はじめまして。凄く胸を打たれる思いでいっぱいになりコメントさせていただきます。

    私は結婚半年で夫から離婚を迫られています。
    今まさに挫けそうです。

    杉本先生からセラピーも受けており、以前は鈴木先生や水野先生に相談させていただいてました。

    つい最近までは、頑張れてるなぁ~とか変わったなぁとか自分自身思ってましたが、今はイライラしてしまい、こんな生活から早く逃げたい。何でこんなにも修復にこだわってるん?と疑問です。

    一人になるのは今は収入的にも無理だし、自分で自立出来るようにならないと離婚は出来ません。

    でも今は離婚したくないので、修復活動頑張っています。

    またブログのぞきにきます。そして相談さ せてください。

    • 温子さま
      コメントありがとうございます。
      イライラする気持ちで修復活動しても、不安や心配が増してしまいますね。
      セラピーやカウンセリング、頑張っている温子さんじゃないですか、
      自分の力はついていることでしょう。
      ご主人との結婚生活のなか、
      挫けそうな自分の気持ちはご主人に向けるものではないですね、
      自分の力で工夫でき、乗り越えていけることです。
      乗り越えていきましょうね。
      応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。