「錯覚思い込み」の投げる言葉を改善しなければ、夫婦問題は解決へ向きません

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

「夫婦関係がこじれてしまい、辛い」
「私の気持ちを主人に分かってもらえなくて、苦しい」
奥様からご相談をお受けするにあたり、
皆さんからこれまでの経緯をお伺いするのですが、
凄い言葉を投げかけていることに、
正直驚くこともたびたびなのです。
ちょっとした言い争いとおっしゃったり、
売り言葉に買い言葉の喧嘩と言われたり、
中には、
言って当然のことと思われていたり。
無意識のうちなのでしょう、
ご本人の自覚がないこともしばしばなのです。

ご主人に投げかけてしまう言葉、
思い浮かべてみて下さい。

  • ご主人が約束を守らない、
    隠し事、嘘をついている、
    浮気している、しているかも、
  • 止めてほしい。
    だから、言いたくもなるのです。
  • 悪いと思っているの?
    全く理解できない。
    悪いと思ってないから、そんな事言っているのね。
    全く信用できなくなった。
    嫌な思いさせてしまって「ごめんなさい」じゃないの。
    どうしたら信用を取り戻せるのか、考えて。

ご主人に投げかけてしまう言葉、
ご主人に何が伝わるのか、考えてみて下さい。

ご主人に伝えたい自分の気持ち、
感じてみて下さい。

例え、約束を守らない、隠し事をされたとしても、
友人であったら、決して言わない言葉ですね。
友人との関係が壊れてしまうことを分かっているから、
感情むき出しにならない友人との距離を分かっているから。

結婚する前、お付き合いしていた頃は、
友人以上に大切な関係であると認識していたはずです。
夫婦はあまりに近い関係ですもの、
錯覚、思い込みで、自分と同じと認識してしまいがちなのです。
投げかけてしまう言葉に、
俺ばっかりが悪いのか」
「お前のせいでこうなったんだ」
思ってしまうご主人なのです。

錯覚、思い込みを外して、ご主人と向き合うときです。
伝えたい思いは、「寂しい、悲しい」
こんな素直な気持ちでしょう。
素直に伝えていきましょうよ。
工夫は自分でできるものです。

今からだって遅くはないもの、
ご相談ください。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。