経済的価値観の違いを夫婦の溝にしない、夫婦関係のチャンスに変えましょう。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

4月は、
気候もよくなり、花も咲きだし、気持ちも軽やかに、
となりますが、
それと同時に家計からの出費も多い時です。
頭を痛めますね。

  • 我が家とて、もれなくです。
    毎月の支出の他に、
    進学、就職祝い、
    結婚の祝い、
    新人の歓迎会、
    税金の納入、
    子供の教育費納入、新学期の諸費用、
    等々。
    分かっていることとはいえ、「ふっー」っとため息がでます。
    結婚生活長いベテランではありますが、
    この時期快くいただけるよう、やはり気遣いは欠かせません。
    この時期だからこそ、ありがたさ、嬉しさ、沢山伝えるチャンスであり、
    受け取る主人に満足感、やる気を与えるチャンスでもあるわけです。
    とは言え、
    最初からこう思う妻ではなく、失敗、自爆、試行錯誤でした。
  • 当たり前の出費ですが、決して当たり前の出費ではない。
    こう考え方を変えるだけで、
    お互いの折り合い、喜び、幸せがみえてくる、確かめられるものなのです。

結婚年数重ねていないご夫婦、奥様からのお話では、
経済的な価値観の相違を大きくとらえ、
夫婦問題に発展し、
夫婦間の深刻な溝となっている相談はとても多いものです。

家事、育児もしっかりしようとされ、
ご主人のために尽くすタイプの奥様にも見受けられます。
良い奥さん、お母さんの理想、思いもあるのでしょう、
家計に関しても、
収支は白黒はっきり、きっちり。
貯蓄、保険、さらには夫のお小遣いまで、はっきり、きっちり。
ご自分でやりくりの勉強をされたり、
ご実家のお母様、先輩の奥様の意見を取り入れたり、
家計の方針を決めているのです。

自ら、経済的価値観の相違にしないで下さい。

男性には、夫には、
結婚生活は二人で築いていくもの
という考えがあります。
家族を守り養うことの責任、喜び、やる気に繋がるものなのです。
二人で・・(と言いつつ夫主導でという男性も多いですね)
妻の考えを「二人で」と実感できない夫ならば、
「価値観の違い」「不満」となり、
「やる気もなくなった」なのでしょう。

ご主人の気持ち察して下さい。

生まれ育った環境が違う夫婦です。
経済的価値観の相違があることもあります。
結婚生活は、
その相違を埋め合わせしていくことが可能な工夫もあります。
乗り越えて、夫婦になっていきましょう。
いつでもご相談ください。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

No tags for this post.

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


2 件のコメント

  • いつも拝見するたび、少し前を向くことができます。
    我が家も、私が家計を管理しておりますが、4月5月と何かと出費かさむ折、私の失態で大きな出費を抱えてしまいました。夫は、今まで自分の努力がすべて無駄になったのだと失意し、私に対し呆れ、信用もしてくれません。私に非があるのは、重々承知していますが、これから信用を回復できるのかは、自信が持てません。子供のためにいい環境を作ってあげたいのですが、このままの状態では不安です。

    • kakaさま
      コメントありがとうございます。
      信用を取り戻すことに悩まれている方は、多くいらっしゃいます。
      先ず、ご自分の気持ちを整理し、落ち着いてくださいね。
      自信が持てず前に進めないのであれば、
      ご相談いただければと思います。
      サポート応援していきます。
      できること、やること、始めていきましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。