離婚問題、修復問題を抱える「夫婦の年末年始」。心構えを考える。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

もう師走なんですね。
年末、年始の過ごし方、それぞれのことでしょう。
クリスマスを楽しみに、心弾んで待っているお子さんも
いることでしょう。

年賀状の手配のこと。
お歳暮のご挨拶のこと。
クリスマスのこと。
年末の実家の帰省のこと
年始参りのこと。
毎年の恒例のこと、相談できない。話せない。
どうきりだそうか? どうしたらいいのか?

 

夫婦関係が深刻な状況、悪化であれば、悩んでしまうことです。

今の現状は厳しいものです。まして、
毎年の恒例のことについて、あれこれ考える。
話すきっかけをうかがう。
相手の顔色、仕草ばかりに気をとられる。
いいことは、ないのです。

相手の夫や妻とて、十分ご存じのはずです。
話しをしたくない・・
関わりたくない・・
そんな思いなのですもの、

 

今はこだわりを捨てる、
自分の気持ちからこだわりを解放してしまうことではないでしょうか?
何もしないということではありません。
自分でできることをする。
手配、根回し、準備。
結構できるものなのですから。

  • 前日になって、いきなり、
    「明日、実家に帰ろうと思うけど・・」
    当日の朝、
    「今日、年始の挨拶に行こうと思うけど・・」
    こんな話しになったりなんです。
    「えっ!なんで?」ではなく、
    「わかった!そうだね!」と気持ちよく出掛ける。
  • 自分の準備が空回りに終わってしまっても、
    何かすっきり!
    こだわらない自分になれたからですね。

相手ばかりに気を取られる・・
そんな緊張から抜け出すきっかけにしてほしい。
そんな思いで応援します。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


2 件のコメント

  • いつも有難うございます
    10日前の事故時には、経緯の話しの中に「相手を家に呼べ」と怒り心頭。
    こんな関係の中、主人の口からいつものこんな言葉出てくるとは思いもしませんでした。
    今回の事故の件、保険会社様との内容をきちんと報告しょうと思います。
    お陰様で最近では私からの問いかけに対し、頷く部分も多くみられ、質問に対しごく僅かですが単語が出るようになりました。
    今月は主人の仕事も繁忙期到来です。油断大敵、気を引きしめ、現状維持で目標を目指します。
    何かアドバイスあればお願い致します。

    • 1600&3105さま
      コメントありがとうございます。

      きっかけは何であれ、
      会話ができるとのこと、よかったですね。

      ご主人のお仕事が大変なとき、
      やはり貴方の笑顔と優しい思いやりではないかしら。

      ご主人が心配してくれたこと、
      素直に喜びに変えて下さいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。