浮気問題、離婚問題の解決。「友人に相談する」は注意してください。

幼いころからの友人。
学生の時から青春をともに過ごした友。
職場の仲間、同期。
趣味のサークルの仲間。
子供繋がりのママ友。

お互いの環境が違っても、
心許せる、理解しあえる、
いつまでも大切にしたい友人ですね。

夫婦関係に問題があるとき、友人に相談されますか?
夫婦問題の喧嘩のこと、浮気問題のこと、離婚のこと。

男性(夫)は、友人に悩みを打ち明けること、あまりされないようです。
男性同士との付き合いの中に、夫婦の間のことは持ち込まないのでしょう。

女性(妻)は、聞いて欲しい、言ってすっきりしたい、ものです。
女同士、ランチしながら、夫の愚痴を言い合ったり、納得しあったりですね。

しかし、友人に話す夫婦の問題は、愚痴までです。
それ以上の、解決していかねばならない問題はしてはいけません。

  • 友人に打ち明けたら、
    ひととき気分は晴れます。
    貴方の味方をしてくれます。
    打開策を友人は考えてくれます。
  • 解決には至らないのです。
    悩む心の曇りは晴れません。
  • さらに、友人関係も悪化・・ということもあるのです。
    優しかったり、冷たかったり、友人の態度が変わる。
    悩みに対応できないと、友人から距離をおかれてしまう。
    友人が夫に直接話をしてこじらせてしまう。
    夫婦間で事が収まってきても、友人はいつもその話題を持ち出す。
    解決の報告をした途端、嫌みを言われる。

離婚問題を離婚経験者に相談すること、
夫の気持ち、妻の気持ちを知りたくて、異性の友人、知人に相談すること、
とても危ないことです。

夫婦問題は、早急に解決の糸口を探し、対応することが大切です。
本質を見失ったり、謝った解釈のないよう、
くれぐれもご注意くださいね。
ご主人方、奥様の様子、サイン見ぬふりではいけませんね。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。